ブログ村ブログパーツ

大阪、千日前、ユニバース横丁、「ローダウン」の立ち食いカレー。

これはまだ暑い、暑い夏の真っ最中のことやった。千日前ユニバースのあたりに 美味しいカレー屋さんがあると前からBMしてたのがやっとその気になった。 なかなかその気にならへんかったんは立ち食いスタイルやからで、わしのような 年寄りは立ち食いとか立ち飲みとかは敬遠しがちなのだ。どっちがついでかわからん けど図書館に返す本があったんで近くの島之内図書館に先による。島之内図書館 は 文字通り島之内にある、ということは中国始めアジア系の外国人の人がたくさん いてはるとこおろだ。用がすんで日本橋の方へ行こうと信号待ちをしてたら、 ピチピチ足まではち切れそうな元気で立派なお嬢さんたちも信号を待っている。 聞くともなしに聞いてたら日本語を喋ってはる。 久しぶりやなあ、なんて妙に安心したりする。まるでどっか外国の裏町の賑わいの 中で日本語を聞いたみたいな安堵感だ。 この界隈はそれほど日本語を聞くことがない場合が多いのだ。 で、日本橋1丁目の交差点をすぎてユニバースのあたりまできた。ユニバース横丁って 言うからユニバースの中の飲み屋街かなって勝手に思って入って行ったら、どこも 開いてない。いやいやそこやなくてもう少しさきやったのだ。 路上に看板があった。

この奥だ。

なるほど妖しい、わしの大好きな路地裏食堂の佇まい。とてもいい。 店に入ってわかってるはずやのに目は椅子を探す。やっぱり無い。 当たり前だ。 立ったままメニューを見る。

迷わず3種盛りをご飯少なめ、辛さ増しでいただくことに。 カウンターにはスパイスの瓶が並んで期待が高まる。

確かに。 しかし、やっぱり長く待つのは結構つらい。今日は体も重いけどカバンも重い。 奥の調理場では一生懸命スパイスを入れながら調整してはる。 そろそろかな? まだまだ。 出す直前までスパイスをいろいろかけてはる。 すごいなあ。

これは美しい。スパイスまみれの美しさだ。食欲がわく美しさだ。 最初の一匙から絶妙の香りが立ってとても美味しい。旨味も酸味もあって 奥が深い味わいだ。ポークの甘みも美味しさを引き立てている。口の中でスパイスが プチプチ弾けて辛さもスパイス感も抜群だ。

酷暑と外国人の圧力にへなちょこになりかけてたのが 生き返ったきがする。 ご馳走さんでした。

店名 「ローダウン」 ジャンル カレー 住所 大阪市中央区千日前2−3−26ユニバース横丁barヨーヨーにて間借り営業 電話 080-4240-5825 営業時間 11:30-15:00 […]

大阪、肥後橋、「はらいそ」の「はらいそスペシャル」を頂く。

ネットでどっかええカレー屋さんないかなあって見てたら、間借りカレーで人気があった 「はらいそ」さんというお店が心斎橋に店を構えたってのっていた。心斎橋って よく通るやんか、中央図書館の行き帰りでもそう遠くはない。一回寄ってみたいなあって 思いつつチャンスを伺う、というか、勝手にその日を決めただけのことなんやけど ともかく行ってみた。 無い。 おかしい。も一回地図を見て見る。やっぱりここやけど無い。 では、FBかツイッターで情報を探ってみよう。えっ、全然ちゃう場所にあるやんか。 もう、すでにその店舗も移動していたらしいのだ。新しい情報をたよりに地下鉄に 乗り直す。四ツ橋線肥後橋の駅だ。このあたりにも有名なカレー屋さんが沢山ある。 もうそっちでもええか? とくじけそうになりながらもやっと看板を発見。

ほうっ、この2階にあるんか、

一番奥らしい。

いちいち貼り紙があるんで分かりやすい。 黒板のメニューを見ておこう。

今週のカレーは ・ハライソチキンカレー ・ニンニクの芽と豚の角煮の辛味噌カレー トッピングは ・手羽元の台湾風煮込み ・トロトロ目玉焼き ・パクチー それでメニューをも一回みると、「はらいそスペシャル」なるものがあって、 本日のカレーを2種合いがけとトッピング全部と書いてある。ならばこれを頂こう。 ご飯は玄米で少なめで。

えらい一杯盛りだくさんなようではあるけど、お皿は一つ、これに全部載っているという 趣向なのだ。

見た目にえらく豪華だ。見るからに美味しそう。 食って見ると口の中が豪華になる。旨味たっぷり、甘みたっぷり、しかも酸味もあるし、 スパイスもしっかり利いている。肉を食う喜びが満たされる。 楽しいスペシャルだ。角煮のトロトロと目玉焼きのトロトロで口の中がトロトロに なる。パクチーもいい香りだ。玄米の食感がカレーの味によくあっている。 とても美味しい。とても豪華な味わい。 ご馳走さんでした。

店名 「はらいそSPARKLE」 ジャンル カレー専門店 住所 大阪市西区江戸堀1−9−13肥後橋双葉ビル2F 電話 06-6448-0234 営業時間 11:30〜15:00 [火、水、金]は18:00〜22:00も営業 定休日 日曜日・祝日 […]

和歌山、粉河、「大福軒」の中華そば。

和歌山に来たら和歌山ラーメン、いや中華そばでしょうと言うのが頭の隅にあるけど、 和歌山やったらどこでもええというわけでもない。元々というか、一時的に全国区で 人気になったんは和歌山市内やけど、九度山暮らしをしていてもチト遠い。 紀の川市や岩出市やったら時々通り過ぎるんでええとこないかなあって思ってた。 とりあえず前から知ってるのは、ドロドロ骨粉スープで有名な「◯らしま」さんやけど、 こないだその流れをくむという「◯ま彰」さんというお店を見つけた。こんどは 「◯んたれ」というお店に行ってみたいなと考えてたら、ちょうど岩出市に有名な 「のがみ」のパンの支店ができたらしいので行ってみようと言うことになって、 それなら近くやんとそのお店によってみたら臨時休業中であった。この辺で残念と なるとリカバリーは難しい。例の「◯らしま」さんの前を通ってみたけどとても 満員で入れそうにない。しかし、一旦ラーメンを食うと言う口になってしまってるんで 他の手段が考えつかへん。それで、もう少し戻って粉河に「大福軒」という中華そば屋 さんというか中華料理屋さんがあるのを思い出した。 「大福軒」に行ってみよう。

大きな駐車場にとても地味な建物、なかも大衆中華のようで結構地味な設え、

それでも、満員とは言わないけど、次々とお客さんが来ては帰っていく。常連さんに しっかりと支持されたお店とようわかる。

メニューもとてもシンプルでオーソドックスだ。 で、とりあえず、中華そばをいただいて、餃子をチャーハンを同行者とわけわけする ということに。 ではチャーハンから。

とてもわかり易い、シンプルな味わいであるけどとても美味しい。ご飯の具合が 丁度ええのだ。ふんわりして食感がいい。 中華そばは和歌山ラーメンバリバリというよりは穏やかな豚骨系、あっさりと美味しい。

麺はやや中太で、硬すぎないのがわしの好みだ。しなやかで美味しい。

餃子もとてもシンプルだ。

基本通り、パリパリもっちりで具も美味しい。熱々なのがとてもいい。 常連さんが通うような、いつものわかり易い、安心できる味というのがとてもいい。 ごちそうさんでした。

店名 「大福軒」 ジャンル 中華料理 住所 紀の川市松井112−2 電話 0736-73-2687 営業時間 11:30〜21:00 定休日 不明 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

大阪、住吉、「川勝」のうな重

時々、鰻が食いたくなる。わしの体は歳時記や風物詩とは連動してなくて、ただの 行き当たりばったりの卑しんぼやから、その時が土用やとか夏のスタミナ補充時とは 限らへん。ただ、鰻はこないだ熊本の人吉にいって、素晴らしいやつを堪能してきたんで 大阪では何を食っても満足できへんやろなあって思うけど、逆にどこでもええやん、 同じやんということでもあるんで気は楽だ。 ちょうど住吉のあたりを通りかかったんで、住吉=鰻で刷り込まれてる安くて美味しい 店に行ってみる。おや、行列が、暑い日やと言うのに7、8人ほどが並んではる。 これは大分待たんとあかんなあと一瞬でくじける。並んでる人たちはうさんくさそうに わしらを見る。よう考えたら近くにもう一軒ある。あっちがまずいわけではない。 むしろうまいかもしれん。あっちにしよう。チン電を渡って住吉大社の北側の道に 進む。「川勝」さんだ。

こっちは並んでない。しめしめ。もちろんガラガラというわけでもない。 ここはお持ち帰りも多いみたいで、店内でできるのをまってはる人もいてる。 さてわしらは何を食おう。

「うなたね丼」も気になる。鰻の卵とじみたいなやつだ。一回食ったことがある。 なんで卵と鰻が合うんやろ? この組み合わせはとても美味しい。 けど、本日はうな重の気分だ。特上で2000円やから安いんよね。 江戸風やから一旦蒸したやつを焼く。厨房からはええ匂いが漂ってきてる。 鰻やさんで待つのは匂いで腹が減るからつらい。 しかし、待つのがいややったら鰻やさんに来たらいかん。時間がかかるのは当たり前なのだ。 ということで、うな重登場。

美味しそう! ふっくらして分厚い。超分厚いというほどではないけど程よく厚い。やわらくて 香ばしい。口の中に鰻の香りがいっぱいに膨らむ。

美味しいなあ、やっぱり暑い時は鰻を食うと元気が出る。 ごはんもタレも程よい具合でバランスが良い。 ここはご近所の常連さんが多いみたい。社長と専務みたいな人も仕事の進捗の 話をしながら美味そうに食ってはる。 こう言う店が長く続いて欲しい。 ご馳走さんでした。 食べ終わって、先ほどの店の前を通るといつのまにか行列は無くなってる。 もしかしたらこっちにいても同じくらいに食べ終えれたんかもしれん。 禍福は糾える縄の如しということか。 どうでもええけど。

店名 「川勝」 ジャンル うなぎ専門店 住所 大阪市住吉区住吉2−4−14 電話 06-6673-7572 営業時間 11:00〜19:00 定休日 土曜日 メニュー 日本語 言語 […]

大阪、恵美須町、「なにわ新風」のカレーラーメン

カレーが好きだ。辛いモンがすきだ。ラーメンが好きだ。うどんも好きだ。 それやったらカレーラーメンやらカレーうどんを食ったらええやんかと言う話には なかなかならへん。モノにはそれぞれの食い方がある。なんでもかんでも一緒くたに したらええというもんではない。それに奇を衒った食いもんにろくなもんはない。 とは言うものの、とてもおいしいカレーうどんには時々出会ってる。カレーとは 言えんけどまた別の食べ物としてとてもおいしい。しかし、ラーメンでカレーは 食ったことがない。いつか試してみたいと思いつつ、やっぱり邪道とちゃうん? お汁にカレーが入ってるだけでカレーラーメンって言うてるだけちゃうん?と 疑念は拭きれない。 で、あるとき、日本橋のあたりにラーメンの新店ができたらしい。そこのカレーラーメンが 美味しいらしいと聞いた。 ならば、初めてのカレーラーメンを食いに行ってみよう。 地下鉄恵美須町の駅を南側でおりるとすぐ目の前に店がある。

新店とは言ええらい人気だ。入る人出る人つぎつぎと引きも切らない。 さすが人気のラーメン屋さん、若いお客さんが多い。ラーメン、餃子、チャーハン、 がっつり食べてはる人が多い。店員さんも元気一杯でお客さんが入って来る度に、 あるいは注文が通る度に、あるいは料理が運ばれる度に大きな声をかけてくれる から、恥ずかしいけどうれしい。 わしは何を食おうかと思うまもなく、カレーラーメンを食いに来たんやから、 それを頼む、「カレーとんこつ」というやつだ。やっぱりスパイシーで麺少なめ、 餃子も一緒に。 では、頂こう。

とてもおいしい。普通カレーうどんとか食ったら、出汁がカレー汁そのものになって しまってるし、うどんもそれに負けて、麺ではあるが別の食いもんになってる事が 多いんやけど、これは豚骨味がしっかりしていて、まさにカレーとんこつという 味わいであった。麺はマニア好みの硬めのしあがり、わしは柔らかめが好きなんで そこがちょっとちがうけど腰があってスープに合っている。 餃子も来た。

パリパリでボリューム感があってとても美味しい。 具もジューシーでとても美味しい。 初めてのカレーラーメン、とても良い経験だった。 ご馳走さんでした。

店名 「なには新風 日本橋総本店」 ジャンル ラーメン、餃子、チャーハンなど。 住所 大阪市浪速区日本橋5−5−19 電話 06-6647-0728 営業時間 11:00〜24:00 定休日 無休 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 […]

和歌山、海南市、船尾、久し振りに「Maxim Cafe (マキシム カフェ) 」でランチ 。

海南に行くことが殆どなくなった。実家の建物がまだあるときは住む人がなくても 雨漏りやらご近所に迷惑を掛けるよしなしごとやらいろいろあって時々メンテナンスに 行ってたけど、更地にしてしまってからは墓掃除とか墓参りとか以外ではほぼ行く 用事がない。それでもやっぱり懐かしい町だ。偶には来て見たい。 それにしてもこの町は何時行っても寂れていくばっかりやなあって嘆いているんやけど いつ行ってもそう思うわりには思うほどは加速してないんとちゃうやろか? 住人の方達ががんばって食い止めてはるんとちゃうやろか? 昔からあるご飯屋さんも栄枯盛衰はあるものの残ってはるお店も多いんとちゃうやろか? どう思うにしてもこの地におらんのやから何の根拠もないんで実際のところはようわからん。 下げ止まりしてるんやったらうれしいなあって思う。 で、今年も墓参りの時期になったんで、行ってみようと思った。 折角行くんやから昼飯を絡めたい。 しかし、諸般の事情により出発は早いんであんまりお昼ジャストに合わせるのは無理だ。 いろいろ悩ましい。 結局まだ店が開いてない時間に終わってしまった。どうしょう。そんなら前から 気になってBMしてた下津にある洋食屋さんというか街角食堂みたいな店に行ってみよう。 開店ギリギリでちょうどええかもしれん。 ということで車でできるだけゆっくり行ってみたら、やっぱり開店直後やった。 ちょうどええわってお店に入りかけたら、今から出前に行くという。入って待って もらってもなあって否定的、こらあかんわって又引き返す。無駄な時間を過ごしてる うちに海南市内でもお昼時がきた。 安全のため、何度もいったことがある「Maxim Cafe (マキシム カフェ) 」へ。

さて、何をいただこう。 長い時間をかけて何度かきてるうちに微妙にメニューが変わって行ってる。前は 老夫婦も、と言うてもわしよりずっと若いんやけど、おられたけど今は若い方だけ でやっておられるよう。前は、鶏の唐揚げが抜群に美味しかったけど今はカツあり シチューあり色々美味しい品揃えをされてるみたい。 今日は限定なんちゃらって書いてあるビフカツカレーが目についた。これを頂こう。 ごはんは少なめで。 ここのカボチャスープはとても濃厚で美味しい。

カップも可愛い。 ビフカツカレーは初めてだ。

カツの揚がり具合がとてもいい。肉が柔らかくて皮がさくっとしてる。カレー と混ぜながら食べるとルーのコクとほの辛さが付加されて食欲をそそる。 とても美味しいランチをいただいた。 ごちそうさんでした。 さて、次に来るときはどこに行こうかな?

店名 「Maxim Cafe (マキシム カフェ) 」 ジャンル 洋食 住所 海南市船尾185−6 […]

おいしい珈琲の店を見つけたい、大阪、九条、「Cafe Accogliente(アッコリエンテ)」

世の中に驚く程の拘りのある店って結構ある。偶々入ってそうだった時はそれも また縁なりと楽しむことができるけど、前もって分かってる時には色々と心の準備が 必要になる。特に細かいルールがあったり、ルールがなくても面倒くさそうやったり するとできるだけ避けるようにしてる。最近は撮影禁止っていうのもあったりする。 店内や他のお客さんを無神経にカシャカシャやるのは禁止でなくても気をつけんと あかんのはあたりまえやけど、今はやりのインスタ映えするなんて観点で美しい 驚きをカメラに収めようというのは若者文化の言い面が育ってるなあって嬉しく 思うんやけど、そやからお料理やお店のカッコよさなんかをパシャリとやって世の中に 発信するのは、まあそれをブログやなんかにえらそうに書き立てるのは(わしも含めて) 問題ありかもしれんけど、悪いことではないんちゃうやろかと思う。 しかし、頭ごなしにそんなん駄目ってなるとやっぱり難をさける必要がある。 こないだ、ある駅の近くで珈琲が美味しいって事でよく雑誌や情報誌に出たりする お店に、ちょっと心配しつつも入った事がある。 確かに珈琲は美味しかった。マイルドで香り高い。しかし、えらい高い。その 値段に見合った味やったかどうかは微妙だ。それになんだか面倒くさいルールが ありそうで、写真も駄目っていうステッカーがあちこちに。 嫌な人は来んといてくれっていうメッセージがびんびん響いてきた。 薄暗くって落ち着いて一見、居心地良さそうでとても居心地よくなかった。 わしの性格が悪いせいなんかもしれん。 珈琲って面倒くさくなく、居心地良く飲みたいものだと勝手に思った。 共感できるこだわりやルールが欲しいなあって思うのは身勝手なんかなあ。 美味しい珈琲を美味しく飲むのは難しい。

話はころっと変わるけど、ある日、九条にあるシネヌーボーっていう映画館に 行った。ちょっと到着が早すぎてまだチケットも買えないらしい。チケットが 買えたら開場直前までどっかで時間を潰すことができるんやけどこの場合は 微妙な時間の潰し方をせんならん。 どうしょうと思って顔を上げると目の前、劇場の向かい側に喫茶店がある。 「Cafe Accogliente(アッコリエンテ)」って難しそうな名前が書いてあるし、 メニューみたいな紙切れがベタベタと貼ってある。気取った店やったらいややなあと 思いつつ見てたら珈琲が350円、時間だけ潰すんやったらもっと安い方がええけど 時間の事を考えたらロケーション抜群やからまあここでええかと中に入る。

なんと居心地のよさそうな。 常連さんと店主さんが楽しそうに会話してはって、ゆるい時間が流れてる。 珈琲下さいって言いかけて、壁のポスターを見ると、インドネシアの某って スペシャルな珈琲があるではないか。

インドネシアも知る人ぞ知る珈琲の名産地だ。ジャコウネコのうんこからとった 珈琲もあるくらいだ。 これにしよう。値段はちょっとだけ高いけどもしかしたら当たりかも知れん。 向こう側で丁寧に淹れてはるようだ。 少々大ぶりのコーヒーカップに入ってやってきた。

良い香りがする。とても美味しい。ほろ苦いけどすっきり後口がいい。 コクがあって丸みがある。 これはええなあって思う。がぶがぶ飲まんとゆっくり味わいながら飲もう。 偶々入ったお店やのに格別美味しい珈琲に行き当たるなんて今日はエエ日では ないか。 料理は写真を見たら、なるほど美味しそうってよく分かるけど、珈琲なんか、 見てくれは殆ど変わらへんのに味や香りにえらい違いがある。そのへんの微妙さが 写真にはちゃんと写らへんのはわしの修行がたりんのやろか。 久し振りにとても美味しい珈琲を気持ち良く頂いた。 ご馳走さんでした。

[…]

大阪、野田阪神、「あじあんだいにんぐランダ」でカレーランチ

大阪、福島駅前付近は飲み屋さん食いモン屋さんが一杯あって、それも美味しいんで 有名な店が一杯あって、例えば急にそのあたりでランチをとなったときも何処に 行くか決めるのに困るほどなんやけど、JRで行けば一駅向こうの野田阪神あたりにも にも又一杯食べるとこや飲むとこがあるというのは意外と知られてないかも知れん。 それに阪神阪神あたりと言えば、JRでは野田やし、阪神電車でも野田駅やけど、 地下鉄では野田阪神駅になる。要するに地下鉄で行けるという利点がある。 なんで利点かというと地下鉄やったら1日乗り放題とかいうチケットがあるんで 大阪市内で行くとこが多いときはとても便利だ。 で、今回は、大阪中央図書館に行ったついでに同じ地下鉄千日前線でちょっと先まで 行けばいい。 その野田阪神にきになる「あじあんだいにんぐランダ」という店があるらしい。 あじあ飯というだけで心がさわぐ。 しかし、野田阪神のあたりはわしにとっては結構ややこしい。商店街が幾つもあるように 見える。前にランチに来た時の変わった料理の店はどっちやったかな?前に 夜飲みにきたときの、マニアックなおでんやさんはどっちやったかな?地獄谷 とかいう妖しげな飲み屋街もあるらしいやないか? 簡単に言えば、めったにここに来ることがないんでいつ来ても方角の検討がつきにくい ということなのだ。で、もいっかい地図を見直して、やっと行き先を定める。 やっぱりおでんやさんにいく途中を右に曲がったらええんや。 でお店を見つけた。 ごく普通の日本のお家のような、無理して和食屋さんかうどん屋さんのような そんな佇まいがよけい面白い。

お店の前の看板をみると、アジア飯もそそるけどやっぱりカレーやね。

ということでもう一度メニューをみながらおすすめの「ランダカレープレート」 をご飯少なめで、辛さを一番辛い辛口にしようとしたら、ここのは相当辛いですよと 諭されて中辛でいただく。

丁寧に作ってはるのをじっと待つ。 やってきたプレートはとても粒々して美しい。

そしてとても美味しい。スパイスと野菜と相まって口の中でぷちぷちと弾けるようだ。

旨味や酸味や苦みやがバランス良く広がる。野菜が沢山で食感もとてもいい。 辛さは中辛でもなかなかのものだ。 卵を崩しながら混ぜて食うとまた別の味が生まれる。 サラダを少し食って口の中をリセットして、

又、カレーをいただくと、とても美味しい。 センレックヘムとかフォーとか書いてあるアジアンな料理も気になるけど、カレー がとても美味しかった。 ご馳走さんでした。

店名 「あじあんだいにんぐランダ」 ジャンル カレー、アジア料理 住所 大阪市福島区大開1-15-2 電話 090-6982-1646 営業時間 11:30~15:00 17:30~22:00 […]

大阪、南田辺、「スタンドアサヒ」のハーフアンドハーフビール。

時々、ハーフアンドハーフビールが飲みたくなる。黒だけでもええんやけど、 ちょっとビターなほろ苦さのハーフがとても好きだ。近場でこれが飲めるのは 「スタンドアサヒ」、何度か来てるけど、やっぱりおいしい。一人でくるよりは ちょうど昔馴染みの友人が揃った今回のような機会が一番いい。開店一番の予約の つもりが10分ほど早く着いてしまった。外で待っといてって言われるんかと思いきや 「まあ、入って待っとき」と奥の部屋の席に入れてくれた。こういう気が利くのが とても気分がよくてありがたい。

もちろんまだ注文はできない。 ちょうどええ、昔話もせんとあかんし、旅の反省会もせんとあかん。昔ながらの 仲間というのはええもんだ。ゆるりと盛り上がってるうちに時間がきた。 もちろんハーフアンドハーフをいただく。

やっぱりここのハーフは美味しいなあ。すっきりしてコクがある。苦さ加減が とてもいい。 それにここの突き出しがいつものやつでこれも大好きなのだ。

鯛の子の煮物、これがいい。 お造り盛り合わせ。

ネタの鮮度がいい。切り方がいい。それでおいしい。 鯖はやっぱり生鮓が一番だ。

ここの鯖は脂が載って濃厚だ。 気がついて周りを見るともうすでに満席だ。オープンしてすぐさま客がどんどん 来てたんですぐに満席になったんやろとおもう。 居酒屋特有のちょっとテンション高めの、声張り上げての会話を聞きながら、 こっちもテンションが上がっていくは酒のせいだけではなくて、とても居心地が 良いからだと思う。 キモ焼き鳥。

肉に切り替えて気持ちも切り替える。 肉ときたらカツを食いたいやつもいる。

野菜が食えんやつもいるし、野菜が好きなやつもいる。 この歳になったら、健康を考えるよりワガママでええのだ。 では、そろそろハイボールに切り替えよう。

何度も切り替えても写真は1つなのだ。 今度は口の中をさっぱりしよう。

たこ酢もわしの大好物。 いくら飲んでも、食っても話は尽きないけど、体力はすぐに尽きる。 そろそろ帰って寝よう。 ごちそうさんでした。

店名 「スタンドアサヒ」 ジャンル 居酒屋 住所 大阪市東住吉区山坂2−10−10 電話番号 06-6622-1168 営業時間 […]

時々、大阪、秘境ツアー、「Swing MASA、西成 Jazz Live」を聞く。

前から気になってたんやけど、西成の超ディープなあたりで夜な夜なジャズライブを やってるらしい。えらい気になる。元々は難波屋っていう立ち飲み居酒屋でやってたのが ご近所の苦情で別のとこでやってるらしい。しかし、時には元のところでもやるらしく 友人のFBに「Swing MASA、西成 Jazz Live」、こういうやつがあるっていう情報が載った。

なるほど、友人を誘って行ってみよう。Jazz Live なんて久しぶりやなあ。 暗くなったら、この界隈、独特の空気に満ちてるんとちゃうやろか? ちょっと怖い? ややこし? 多分思い過ごしだ。鬼が出てとって食われるわけではないし、泥棒や、ギャングが 出るわけでもない。 ただ暗いだけだ。 ほんのりと明るいところをたよりに歩く。あった。「難波屋」さん。

まるで立ち飲み屋だ。ほんまもんの立ち飲み屋やからあたりまえだ。まさか立って 飲みながらJazzを聞く? ルールがわからん。立ち飲み屋の横にガラス戸があって そこから立ち飲み屋の奥のスペースに行けるようになってるみたいだ。 なるほど、すでに楽器が置いてあってグランドピアノもある。椅子も並んでるんで 座って聴けるみたい、腰痛爺さんにはありがたい。 さっそく残り少ない椅子を確保しておこう。 席を確保したら、酒とアテだ。どないしたらええんやろ? 聞くと、立ち飲みのとこへ行って買えばええという事だ。 要注意! 「注文は必ず一人の人にする事。あの人この人にバラバラ言うたら間違いの元。」 と言われた。そしてものが揃ったらお金を払って、それで完了。席に持って行く。

さあ、準備完了、狭いんと、慌ただしいのとまっくらなんでちゃんと写真撮られへんと 言い訳がでる。 で、時間が来るといきなり演奏が始まる。

とても良い。オーネットコールマン風に力強いブローが始まった。 ぐんぐん惹きつけられる。 ピアノの素晴らしい。淡々と正確に弾いているだけのようでメリハリがきいて ビシッとした力強さがある。アルトサックスとピアノのデュオというとても地味な 構成ながら説得力のある音楽が次々に飛び出して来る。 一時間があっという間に過ぎた。酒やアテでウロウロする暇もない。 休憩時間を利用してハイボールのお代わりとカキフライを頂く。

もたもたしてると時期に後半が始まった。 あまりおしゃべりもなく淡々と演奏を続けはる。ここに来てる人たちはみなさん 元々よく知り合い同士の方々なんかもしれん。何か馴染みのサロンに無理やり 侵入したような気がしないでもない。 それにしてもさっきから耳元うしろでぐちゃぐちゃとうるさいおっさんがいる。 いわゆる酔っ払いの繰り言めいて、何を言うてるんか意味をなしてないけど、 言語にはなってるんでいやでも耳に入ってくる。声の大きさも近くの何人かが 演奏を聴く邪魔になるという程度でそう大きくもないけど十分迷惑な大きさでもある。 かなわんなあって思う。注意しようかともちらっと思うけど、相手は酔っ払いやから 話にならんで、結局騒ぎだけが発生してみなさんの迷惑になるだけやと考えて […]

大阪、堺市、中百舌鳥、「KUSAKA」のカツカレー

美味しいものを求めてあちこち彷徨うのもええけど近くにお店があってもいい。 「近くなんか行き尽くしたわ」、とか、「いっこもええとこないわ」とか、簡単に 結論づけてはいけない。栄枯盛衰は世の常で、諸行無常、いつ何がどう変わるかは わからへん、家の近くにもこないだ美味しいカレーの店を見つけたし、今回も ネットで噂を聞いていれば、思いもよらぬ場所に美味しいカレーの店があるらしい。 ということで、機会をみつけて訪問させていただいた。

なるほど、ここは昔は違う店があったような。今はカレー店ならぬ人気の洋食店 みたい。近所にコインパーキングがあるけど昔の店の時はたしか向かいに駐車場が あったような。変遷目まぐるしい。 おやおや行列まで、外にはなかったけど中で順番待ちの席あり。やれやれ。 ラーメン屋カレーの専門店とは違って1組あたりの滞留時間は少し長いような 気がせんでもない。 タッチの差で2番手、ぐずぐずしてたらあかん。 待つことしばし、席に着く順番がきた。 ご近所のおしゃれなご夫婦、仕事の合間の昼ごはん等々が多いよう。 待つことしばし、席につけた。 メニューをいただく。

やっぱり欧風カレーカレーかな。 トッピングは季節のグリル野菜が人気のようやけど、えらく高い。これやったら ポークカツにしよう。ご飯少なめ、5辛でいただく。 待つことしばし。 なるほど欧風カレーだ。美味しそう。

辛さはかなかなのもの。ポークカツはカラッとあがって美味しい。 カレーはまあ普通かな。マイルドではある。特別何かがすごいという攻め方は 感じられんけど誰もが好きになる味ということでええんかもしれん。

店名 「KUSAKA」 ジャンル 洋食、喫茶 住所 堺市北区百舌鳥梅町3−9−9プラムハイツ1F 電話 072-251-0636 営業時間 11:30-15:00 18:00-21:00 休日 日曜日・祝日 メニュー 日本語 言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。 にほんブログ村

ありがとうございました。

洋食グリル クサカ (ハンバーグ / 中百舌鳥駅(南海・泉北)、なかもず駅(大阪市営)、百舌鳥八幡駅) […]

時々、大阪、秘境ツアー、西成をぶらりとしたあと、「ちとせ」の「たかすが焼」を食う。

関東に住む方、京都に住む方達と大阪ディープなところを探訪しようかということで 少しは先行知識がある私が案内することになった。コースは初心者コース。阿倍野キューズモール の裏手にある商店街をまっすぐ西に進む。この商店街、建物は立派やのに閑散としてる。 阿倍野再開発の波に乗れなかったんやろか、そのまま妖しい地帯に突入、左手に かの有名な飛田新地を横目で見ながら、あんまりじろじろ見ないようにしながら、 さらに西へ。中国人のお姉さんたちが一杯待ってる居酒屋カラオケ地帯に突入する。 ここでも寄り道しないで、大通りを渡って、今池駅そばの有名な立ち飲みホルモン屋さんの 前を通る。ここでちょっと一杯ってできたらええんやけどあいにくお休みの日やった。 その少し先に、「霧島の豚鳥店」という居酒屋さんがあって、ここでちょっと 腹ごしらえをする。この店のレポートは以前ブログに書いたんで今回は割愛、 とても仲の良いご夫婦がやっておられて美味しくて居心地が良い。しかし、ここで 長居はしないで、南のほう三角公園に向かう。夕方前やのに色々な方がぶらぶら してはる。ここからまた北に戻る。更に西成署の前を通って北に向かう。 シャッターが下りた店の軒下でわずかな日陰をたよりにへたり込んでビール缶を握りしめて いる人がいる。向こうから来る3人連れの男の左端の人は耳に花を翳しているやんか、 すれ違いざまにやりと笑った。 全てノーコメント、わしにはとやかく言う資格はない。新今宮駅近くまで来た。 ガードをくぐったら広い空き地があって、それが星野リゾートの建設予定地らしい。 ここら辺まで来ると、簡易ホテルが目立ってきた。驚くほど安い。虫はおらんと 書いてるとこも多いと言うことはその可能性も無きにしも非ずということなんやろなあ。 外国人のバックパッカーが目立つようになってきた。アジア系のスーツケースを 引きずるひとも居てはる。日本のカオサン通りになってきたんならそれも面白い。 一旦、地下鉄動物園前のとこまでいってから商店街を南下する。お昼遅く、夕方前、 簡単に言えば3時半頃やのに居酒屋絶好調なのだ。顔が赤い人とすれ違うことが多い。 途中で右にまがると、有名なお好み焼き屋さん、「ちとせ」がある。

幸い空席があったんで滑り込む。有名なというのは外国人旅行者に有名なと言う ことらしい。先客も外国人たちだ。韓国人らしきアジア系の人たちは先に帰り、 今、勘定してるのはスペイン人たちらしい。

壁には世界地図があってみなさんピンを刺しているのが世界中に広がって居て 素晴らしい。この直後に来た人は昼の部終了ということで断られて居たんでわしらは ぎりぎりお情けで入れてくれたんかもしれん。 カウンターではご主人がもくもくとお好み焼きを焼いている。

とても美味しそうだ。 どれを食っても問題なく美味しいと思うけど、それやったらやっぱりこの店の オリジナルらしき「たかすが焼」を頂こう。なんでこの名前になったかはお店の 人に聞いてもようわからんらしいけど、要するにソバメシにネギをのせて、それを 一気にお好み焼きにすると言う段取りらしい。

これがまたとても美味しい。 ご飯とソバと山芋が入ったお好み焼きの食感が口いっぱいに混ざり合って、もちもち むにゃむにゃほくほくとえも言われぬ一体感がある。アチアチなやつをコテで 一口大に切っては乗せして端からフーフーしながら食う。こんなん外人さんは出来へん やろと思いながらも、この美味しさは万国共通やからなあとも思う。 とても美味しくて珍しいお好み焼きをいただいた。 ごちそうさんでした。 また、いつか、大阪秘境探訪をしたいなあ。

店名 「ちとせ」 ジャンル お好み焼き 住所 […]

大阪、南田辺、「マガリーダッタ」のとてもおいしいカレー

大阪の東の方の近郊、昔で言えばJR片町線、今で言えば学園都市線に放出(はなてん) という駅がある。思えば懐かしい、わしが現役時代通勤していたのがこの路線だ。 放出も通過してたし、路線上には若い時の甘くてほろ苦い、思い出がいっぱいつまってる。 かも知れん。 そんなことはどうでもええけど、この路線上にもB級グルメの店が時々顔をだす。 有名な洋食屋さんもあるし、うどん屋さんやラーメン屋さんもある。餃子屋さんも ある。そんな中に今流行りの間借営業のマガリーさんというカレーのお店が放出に あって、しかも、週に2回だけの営業という極端に敷居の高いお店があると聞いて、 行ったことがある。とてもユニークで美味しいお店だった。それから又行きたいなって 思いつつ、いつ行っても行列が絶えへんて聞きいたら、行列はいややなあと思いつつ、 時間ばっかり過ぎて行く。そのうち、間借を卒業して店舗開業された、名前は、 「マガリーダッタ」なんてしゃれが効きすぎてるやないか、らしい。 またまた行きたい虫が疼いて来た。 で、夏の特別暑い日に、暑い日を選んだわけやないけどたまたま暑かった、地下鉄 西田辺駅から南港通りを東に歩く。JR阪和線を渡る、このあたりは南田辺駅で、 「スタンドアサヒ」という居酒屋がある。おや向こうに見えるのは有名なうどん屋さん、 よそ見しつつ歩くと、道の右側にあるのに通り過ぎそうになる。行列を目印にと 思ってた行列がこの日はなかった。こんなに暑いのにとても助かる。

メニューはこんなの。

・棹前昆布キーマ サオマエコンブのスパイシーカレー ・ココナツフィッシュ(助宗ダラ) タラと野菜のほんのりスパイシーカレー 各800円 あいがけ 1100円。 ということであいがけをご飯少なめで頂くことに、 空いてて楽勝っと思いつつも待ってる間に続々とお客さんが登場する。お店は広くは ないけど新しくて明るくてちょっとおしゃれなカレー屋さん風でとても居心地がいい。 そうこうするうちにカレーが登場。

メッチャ美味そうやんか。 左が昆布で右がタラと野菜。棹前昆布って聞いたことなかったけど、店主さんの故郷、 北海道の昆布らしい。ネットで調べたら、本格昆布漁が始まる前に獲れる昆布のこと らしくて柔らかくて早く煮えるのが特徴とあった。なるほどこだわりの一品という 訳やね。では、左から頂こう。 うわって驚く美味しさ。 まるで昆布と違うみたいでやっぱり昆布、昆布の旨味が口中に広がる。そして 食感がしっかりしてるんやけどやっぱりカレーに溶け込んでスパイシーさが表に 出て来て初めて食べたような口の中になっている。タラと野菜もゴロゴロして 心豊かになる味わいだ。混ぜながら食べると、最初はゆっくりでだんだん辛さと スパイス感が増してくる心地よさがある。 ネットでこのお店のメニューを見てると、いっぱいユニークな材料と調理法が出て来るんで とても興味深い、発想の天才、鬼才なんかもしれん。 ご馳走さんでした。 また来ます。

店名 「マガリーダッタ」 ジャンル カレー専門店 住所 大阪市東住吉区南田辺2−1−3グリーンコーポ山坂 […]

大阪、難波、法善寺横丁、「Curry シバ」でスリランカカレー

しばらく前に道頓堀で個展をやったことがある。成功だったかどうかはようわからんけど ええ場所やったことは確かだ。なにせ松竹座やはり重の向かい側、毎日行列が できてるけどもちろんわしんとこには何の関係もない。観光客もいっぱい通って 妖しげなお好み焼きやらカニやらいろんな看板をカメラで写してはる。もちろん わしんとこには何の関係もない。そのまま観光客達は道頓堀通りを東に行って、 法善寺横丁あたりまでグングン入って行くのがあたりまえのようだ。 ということで平日であろうと祝休日であろうとあちらの路地もこちらの露地も 外国人、特に中国語系の観光客の人達が犇めき合うというのが日常の風景になって しまった。どんな店に入っても中国語の案内があるし、中国語ができる店員さんが いてはる。そのうちにわしらも中国語ができへんと買い物もできへんし、ご飯も 食べられへんようになってしまうかもしれん。今のうちに中国語を勉強しとかな あかんかと焦りがでる。 それはええとして、法善寺横丁の中にとても美味しいカレー屋さんがあると聞いた。 しまったことをした。個展をやってるときに知ってたら簡単に来れたのに。 で、暑い中路地に入って行ったらやっぱり居てはる。しかもあちこちで並んではる。 もしかしたらわしの目当てのカレー屋さんも並んでたらどうしょう。まさか外国人が ならぶことはあるまい。しかし、店がわからん。2階にあるみたいやけど普通、 表に看板出してるんとちゃうやろか? 後で聞いたら看板禁止なんやそうな。この 界隈いろんな縛りがあるみたい。地図をみながら恐る恐る2階に上がるとドアの とこに確かに看板があった。ほんまに開いてるんやろか? 恐る恐るドアを開けると ちゃんとやってはった。 美人の店主さんが迎えてくれる。 この日のメニューはチキン、ビーフ、イワシから1品を選ぶと、豆カレーとおかずが ついて1000円、2品やと1200円、その下に骨つきラムは1200円と書いてある。 ラムと鰯の2品はできませんかとわがままを言うと、1400円でやってくれるそう なんでお願いする。ご飯はパスマティ&ソナマスリライスって書いてある。それを 小でいただく。 お店の中は、おしゃれなエスニック風居酒屋というような感じの中にスパイスの瓶が いっぱい配されてるのが格別な拘りを思わせる。 食べる前から居心地がいい。 待つことしばし、お料理がやってきた。 素晴らしい、美味しそう。

見るからに食欲をそそる。お皿も素敵だ。ごはんの手前がお野菜、どれもこれも こんなにたくさんあったらどうしょうと思うくらいの種類がどれも美味しい。 これがスリランカ料理ということらしい。

パパダンというんやろかパリパリと砕いてご飯とおかずに混ぜて食うと食感が 変わっていい。コロッケもある。これだけで十分な気がするけどまだカレーを 食ってない。一番左がパリップというんやろか、豆のカレー、 まろやかで優しくて品がある。美味しいなあ。

隣は鰯。

これはまた紛れもなく鰯そのものでしかもスパイシー、ググッとコクがある。 右側は骨つきラム。骨つきというところが迫力があって素晴らしい。

でもスプーンですっと身が離れるんで食べるのに苦労はいらない。 肉は肉という強烈さがあってそれげビリっとスパイシーなんでとてもいい。 お皿の上に場所を作って、あれやこれやと少しずつ混ぜながら食って見る。 時々横にある薬味をいれたり、アチャールを混ぜたり、忙しい。 何と何をどう混ぜたかなんて覚えてられへん。 […]

大阪、河内小阪、「大衆中遊華食堂八戒」さんでカレースペシャルをいただく。

この日は珍しく、晩御飯を外飯でいただく段取りになってしまった。簡単に言えば ええチャンスである。どこに行こうか、選択肢に迷ってしまう。 最近、中国旅行に行ったばっかりなんで結構中華の口に馴染んでしまってる。しかし、 カレーも食いたい。そうなると両方いける店が思い浮かぶ。 東大阪っていうと遠いようではあるけど、難波から近鉄電車に乗ったら10分ほどで ついてしまう。駅から店までは少々とおいけどちょっとした散歩と思えば何の問題もない。 時間は通常の晩飯時間帯が始まるより少し早い。もしかしたらまだ開いてないかな? 心配要らんかった。早かったんでお客が少ない。 暑い中を歩いて来たんで喉が渇いてる。ビールを頂こう。

青島(チンダオ)ビールがあるというんがええねえ。中国では一番ポピュラーな ビールやから困った時には青島と言えばええのだ。地元ビールに比べたら少し 値段は高いけど味は安定してる。喉越しがすっきりして軽やかだ。コクはやや少ない。 で、メニューを見るより前にカウンターの上のパネルが目に飛び込んで来た。 やっぱりスペシャルなカレーがあるやんか。

今月のおすすめカレー、これやね。 「おまかせチキンカリー(スパイスチキンカリーと油林鶏(ヨーリンヂー) その他色々」みたい。 しかも、某カレーグループの◯屋氏の落款印まで描かれてるではないか。 これください。 ご飯少なめ、いろいろ少なめで、噂によればノーマルでとんでもない量になるそうだ。 で、まず、スープとサラダがきた。

スープは具がたっぷりやし、サラダも量が多い。これだけでも結構お腹がおおきくなる。 ザーサイもビールが進む。 ゆっくり慎重に食ってるあいだにメインがきた。

これはすごい。 鶏肉がドドーンと来て見るからにうまそうだ。手羽先はお箸でするっと身が離れるほど 柔らかい。それにとてもスパイシーだ。油林鶏(ヨーリンヂー)はあっさりして 旨味がとてもいい。カレーはとても中華料理屋さんが手遊びに作ったものとは思えない 本格的なスパイス感に満ちている。深いところに酸味や甘みや旨味が潜んでいる。 それにエビチリ、唐揚げとくるとまるでカオスの世界だ。中華料理であって中華料理でない。 不思議なカオスを操るお店と言えるようだ。 ついついお酒がすすんでしまう。 ご馳走さんでした。

店名 「大衆中遊華食堂八戒」 ジャンル 中華料理、カレー 住所 東大阪市上小阪2丁目1−22 電話 06-6724-6492 営業時間 不明 定休日 火曜 メニュー 日本語 言語 日本語

[…]