奇山奇岩の旅

1/74ページ

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−20、廬山、雨の中、山を下る。

廬山、雨の中、山を下る。 さて、雨はいっこうに止む気配がないまま廬山の観光は終わった。李白の瀧を先に 行った目論見も何の意味もなかったようだ。これから山を降りる。 杜甫草堂にあったあの詩の舞台、東林寺、西林寺のあたりで飯を食うことに なっている。 ではまたあの大っきなロープウエーに乗りに行こう。 と思ってホテルのバスを待つがなかなか来いへん。10分待っても20分待っても来いへん。 どないなってんや […]

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−19、廬山、雨の中、仙人堂を通って杜甫草堂へ。

仙人堂を通って杜甫草堂へ。 やれやれ、売店が見えた。 雨の中でも土産物を買ってはる。雨具もたぶんあのおばちゃんたちから買ったものだ。 談判台旧址。 中国の歴史がある。 おや、こんなとこにも滝がある。 こっちの方が綺麗とちゃうやろか? この山道は平坦部分が多いんでこういう雨の日はとても助かる。 こういう松は黄山にあれば名前がつけられるんかもしれん。 とうとう仙人堂までやってきた。 呂洞賓と言う中国の […]

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−18、廬山、雨の中、花径から錦繍谷へ。

雨の中、花径から錦繍谷へ。 朝飯を食ったら、いよいよ廬山観光だ。入口の花径に向かう。 昨日晩飯を食ったレストランの前だ。出発準備を始めてると何組かの旅行客も通り過ぎていく。 その場に集ってるのは商魂たくましい雨具売の人たちだ。どこからあつまったのか、両手に一杯 雨合羽や靴カバーを持って近寄ってくる。その勢いにタジタジとなりそうだ。 しかも、想定外の雨で傘やら雨具やらの用意がない人も多くて、お誂え向 […]

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−14、李白の瀧ってこんな程度?。

李白の瀧、見ると聞くでは大違い。 どうもこのあたりに瀧はいくつもあるみたい。本当はどれが李白の瀧かはっきりわからんのと ちゃうやろか? と言いながらもここでいつまでもグズグズしてるわけにもいかん。 この瀧も、風景もわりと感じがええけど李白の瀧と言われるやつはまだ先にある。 一応来たからにはちょっとでも拝んどかんと李白先生に申し訳ないではないか。 飛流直下 三千尺を見に行かんとあかん。 ロープウエー […]

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−13、李白の瀧を見に行く。

いよいよ李白の瀧を見る。 さて、飯を食ってる間にえらいことが判明した。あの向こうに見えてるのがロープウエーで これからあれに乗って山に登るはずやった。 ところが、最近、嵐(台風)かなんかで強風が吹いて倒木が起き、ストップしているのだ そうだ。今日明日復旧するものではないらしい。 と言うことは歩いて登らんとあかんと言うことなのだ。 ビールをたっぷり飲まんかったらよかった。 しかたないと歩き始める。 […]

1 74