京都、嵐山、湯豆腐の「嵯峨野」

NO IMAGE

右に曲がって、少し行くと、右手前方に湯豆腐、「嵯峨野」の看板が見える。
もう何年目だろう。殆ど毎年、ここで、旧友達と湯豆腐を食っている。
この店には湯豆腐もさることながら、もっとすごいご馳走がある。
茶室の庭の景色だ。
これが最大の御馳走と言える。
食事の時、頼めば大きな庭にいくつかある茶室に入れてもらってそこで食事ができるのだ。
茶室には床の間があって、琵琶や尺八がさりげなく飾ってある。
良い感じだ。
障子を開けると、庭が見える。程良く枯れた風情がでるよう、つるべの井戸や庭石がさりげなく
配置されている。
雪がうっすらと積もった時が一番美しいように思う。
それに梅が咲いているとなおいい。
料理が運ばれてきた。
湯豆腐を食いながら、熱燗を飲んで、庭をながめるのは、贅沢なものだ。
ランチセットだから、湯豆腐以外にもいろいろ付いてくる。
どれもおいしい。
この店のもてなしの心も態度もおいしい。
これで、酒は別にしてランチセットは3800円ほどだったと思う。
これは安いではないか。
京都では、いろんな老舗があって、「離れ」や「別邸」や「茶室」風の部屋で昔からの雰囲気を
食べさせる店がある。
そういう店は驚くほど高い。
確かに歴史が造る値打ちがあるんだろうが、庶民の財布には痛いではないか。
そういう意味では、歴史の本にでてくるほどの時代の重みがさほどあるわけではないにしても、
昔ながらの京都の和の心を味あわせてくれてこの値段であればありがたい。
そういう事もあって、この宴会はここからは離れられないのだ。
昼間から沢山食べて、沢山飲んで、好い友達とお喋りできて、すっかり酔っ払ってしまった。

sagano110321-1 sagano110321-2

sagano110321-3

店名 「嵯峨野」
ジャンル 湯豆腐料理
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45
電話 075-871-6946
営業時間 11:00~19:00
定休日 無休
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村