グレン・グールド、ゴールドベルク変奏曲

NO IMAGE

時には本物の音楽を聴こう。
今日は、グレン・グールドのバッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年モノラル録音)だ。
1981年の録音の方がいいとか色々言われているが聞き比べていないので分からない。
天才と言われたり、異端と言われたり話題が多い人だったが、
すばらしい本物のピアニストだと思う。

この曲を聴いていると、不思議な事に
私は、確かにクラシックの音楽を聴いているはずなのに、
ジャズの極上の即興演奏を聴いている気分になる。

決まった楽譜の流れのなかから、溢れだそうとする奔放な気分が
伝わってくるかのようだ。

良く聞いていると、引きながらうなっている。
ジャズの演奏家がよくやるようにだ、
この録音がどうかは知らないが、確かに録音中にうなるそうで、
しかもそれは、対位法のもう一方の旋律をうなっているのだと
何かの本に書いていたような気がする。

極上の音楽にはジャズもクラシックも隔たりはないという事だ。

ongaku080221

毎週木曜は映画、音楽、書画に関する話です。