九度山暮らしのある日、スモークウッドで冷燻をしてみた。

九度山暮らしのある日、スモークウッドで冷燻をしてみた。

スモークウッドで冷燻をしてみた。

家で燻製をやる話は時々ブログにのせている。
鮭やら鯖やらタコやらイカやら、いろんなものを燻製にするのはとても楽しいし、
美味しい。スーパーで適当に買ったようなやつが、煙をあてることで、極上の味わいに
変化する。酒のアテとして抜群だ。
しかし、結構手間暇がかかる。素材をソミュール液に漬けたり、風乾したり、
準備が大変だ。そのあと、時間をかけてチップを燻す。また風乾するという具合だ。
こういう作業は夏場など、気温の高い時には向かない。
それで自然と燻製つくりは秋冬の作業になってしまう。
それでは夏場は寂しいではないか。
いいことを思いついた。
風乾がほとんど要らないやつ、干物とかチーズみたいなやつに、温燻ではなくて、
スモークウッドを使った冷燻をしたら夏でもいけるやんか。
では、さっそくやってみよう。
最初は、タコとホタテ。
湯がいただけのやつ。軽く風乾。
そして、自家製燻製器に、

スモークウッドはサクラで。

なかなか良いできではないか。

ホタテもうまそうだ。

冷燻もいいではないか。
味をしめて、しばらくしたら次をねらう。
次は、ソーセージとチーズをやってみよう。
常温でじっくり燻してみる。

それだけだ。
うまく行ったではないか。

とても美味しそう。
ソーセージは薫香がしっかりついてとても美味しい。

チーズはまるで別物になった。これぞ極上のスモークチーズではないか。

高級な酒のアテができた。
夏場はこれで行こう。
いい方法が見つかった。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。