最近読んだ本、「複眼人」、「天子蒙塵、一、二、三、四」

  • 2021.09.15
最近読んだ本、「複眼人」、「天子蒙塵、一、二、三、四」

呉明益、「複眼人」。

この人の本は大好きだ。新しいのが出るのがとても楽しみだ。
「歩道橋の魔術師」、「自転車泥棒」はとても印象に残ってる。
太平洋のどこかに不思議な島があるらしい。
神が宿る島だ。ワヨワヨ島。
自然と人が共生する暮らし。厳しい環境ではあるが、先祖代々の知恵が彼らの
暮らしを見守っている。それを司るのが掌海師 掌地師
アトレは強くて逞しい若者だ。男は羨み、女は惚れる。
そして、ウルシェラと恋に落ちる。
しかし、アトレが旅立つ日が来た。長子以外は出ていかないと行けない定めなのだ。
いったいどこへ行くのだ。
そして、ウルシェラは彼を追う決心をした。
彼女はアトレに出会えるのか? それはいつの日か?
そして、台湾の海辺の村に住むアリスとトムの物語。
海のゴミが流れ着く村らしい。
ここにも悲しみがある。
ある日、夫のトムと一人息子トトが登山に行ったまま帰らない。
二人は一体どこに行ったのか?
必死に探すアリス。絶望するアリス。
トムの生き方、アリスの生き方。
海辺の村に自然の脅威が。
都会から逃れて暮らす先住民族の男と女。
ここにも愛と喪失の物語がある。
山の心を思い知らされた技術者。
そして、巨大な「ゴミの島」が押し寄せてきた?
:::::
「私は何ものか? 私は何者か?」
複眼の男の手の上の蛹はいよいよ激しく動き出し、
苦しみの惑星がまさに生まれる瞬間のようだった。彼の目は石英をのませたように
爛々と輝きを放っていた。
だがそれは輝いているのではなくて、一部の個眼から流れる、針先より細い涙なのだった。
::::(文中より)

とても面白い。
とても哀しい。
人の生き様。自然と人の暑い係わり。
とても考えさせられる。とても心打たれる。

浅田次郎、「天子蒙塵、一、二、三、四」。

蒼穹の昴、珍妃の井戸、中原の虹、マンチュリアン・リポートと続く、清朝末期の
歴史物語。
壮大な話は一貫して続いている。とても面白い。
これは、ほぼお終い近いんやろか?
烈風吹きすさぶ満州の荒野の中、極貧の暮らしにあえぎつつも誇り高い少年たち。
白太太の予言に導かれて、張作霖は英雄になるのか? 天下をとるのか?
李春雷は、帝王に使える身分になるのか?
西太后と清朝の運命やいかに?
ともりあがって、始まったやつが、
とうとう清朝が斃れる時がきた。
登場人物は清朝最後の皇帝、宣統帝溥儀である。
紫禁城を追われたラストエンペラーはどうなるのか?
日本軍の傀儡となって満州に行くのか?
史上はじめて皇帝を離婚をした、元皇妃文繡とは?
未だ最強の軍事力を持つ満州の張学良とその軍団の去就やいかに?
中原の覇者となるのは誰なのか?
袁世凱なのか?
毛沢東まで出てきた。
果たして天命は誰にあるのか? 龍玉はどこか?
歴史としては知ってるけど、人物関係を当てはめていくととても
面白い。
分かりやすい。
ワクワクする。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。