三重遊、丸山千枚田、赤木城と熊野古道の旅−14、湯ノ口温泉、露天風呂を楽しむ。

三重遊、丸山千枚田、赤木城と熊野古道の旅−14、湯ノ口温泉、露天風呂を楽しむ。

湯ノ口温泉、露天風呂を楽しむ。

夕暮れのトロッコ列車はとても風情がある。
いつの間にかほぼ満員になった列車に揺られてトンネルを抜けた。

トロッコを降りたら、鄙びたそうな村の中を川に沿って歩く。

昔からの温泉村のようには見えるけど、そうでもないんかな? 今どきの古民家カフェの
ようなゲストハウスのような家がならんでて、旅行者のような方がくつろいではる。

露天風呂のある温泉場はまだ先だ。
ホテルで借りたスリッパは最初は軽快でよかったんやけど、歩き続けたら足が擦れて、
素足できたせいもあるんやけど、皮がむけてとても痛い。
途中で神社があった。

ここも、社があるというより、後ろの巖が神様なんかもしれんなあ。

更に進むと、露天風呂のある建物に着く。
では、お風呂をいただこう。
建物は新しい。大きくて清潔、ごく普通のお風呂場だ。
ゆっくり入ろう。
実はわしは風呂が苦手で、友人たちと温泉にいってもそさくさと出てしまう。
最近は少し反省して、できるだけ長く入ろうと思う。だから何やと言うわけでは
ないけど、あんまり愛想なしも味気ないもんだ。
ここのお風呂はとても気持ちがよかった。露天風呂もある。
外はひんやりするけど気持ちが良い。
熱いやつ、ぬるいやついろいろある。
あっちに行ったりこっちに行ったり、中で休んだり、外でくつろいだり、
わし的にはけっこう長く入ったつもりやけど、普通の人よりは相当短い、わしの
友人よりも短い。
やむなく先に出て、ビールを飲みながら待つ。


これが至福の時間でもある・
とても美味しい。
外では人はそれほど多くはなかったけど、温泉場には結構沢山人が来てはる。
こういうところはにぎやかなほど楽しい。
さて、では宿に戻る。宿に戻ったら、飯を食ってまた風呂に入る。
多分。
ホテルの風呂も温泉やから入らんともったいない。
今宵は風呂尽くしの夜だ。
あのお社を通って、も一回、トロッコに乗って、

トンネルを抜けて、

帰る。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。