上海の湖南料理、「滴水洞」

NO IMAGE

辛い料理と言えば四川料理と湖南料理だろう。上海でも辛い料理を求めて
どちらかの料理屋に行く事にしている。
しかし、辛いと言っても四川料理と湖南料理ははっきり傾向が違う。
四川料理は、唐辛子だけでなく花椒の麻味、すなわち痺れが伴う辛さであり、
湖南料理はどちらかいうと生姜系のような口を刺す尖った辛さである。
私はどちらが好きかと聞かれると、どちらも好きだけど、強いて言えば四川料理になる。
しかし、最近は身の回りに湖南料理の辛さを好きな人も多くなったので四川ばかりといっておられない。
それで、今回は、知らずに時々行っていた料理屋が実は湖南料理で上海でも有名な店だ
と分かったので、再度その味を試しに行く事にした。
と言っても食べるものは変わるわけではなくて、相変わらず似たようなものばかりだ。

これは、空芯菜、こんな風に細かく切って食べるのは始めてだ。辛さが口を刺して実に旨い。
こっちもインゲン豆の炒め物、酸味と辛味が強い。
こういうのを食べているとビールが幾らでも飲めるし、御飯にかけたらたまらない。
後を引く食べ物だ。じつにおいしい。

 syoku081001-1 syoku081001-2

それで、御飯も注文だ。こんなぺラッとした皿に盛ってくる。
そして、干鍋鶏。これも湖南料理では有名だ。
が、特別な味がするわけではない。

 syoku081001-3 syoku081001-4

このスペアリブは旨い。辛くてスパイシー。カロリーという見地からは遠ざけないと
いけない食物なのに、つい食べてしまう。

魚の頭。日本で言えば荒煮の唐辛子仕立てみたいなもの。
いつ食べてもおいしい。私の大好物だ。

 syoku081001-5 syoku081001-6

ジャガイモの細切り炒め。ごく一般的だが、湖南料理になるとぴりぴりだ。

そしてスープ。香菜が効いておいしい。

 syoku081001-7 syoku081001-8

となかなか満足できる味であった。
食べ過ぎの一晩だ。

毎週水曜は食に関する話です。