九度山暮らしのある日、個展をやった−11。3日目。晩飯は「カレーのアトリエ」へ。

九度山暮らしのある日、個展をやった−11。3日目。晩飯は「カレーのアトリエ」へ。

3日目。晩飯は「カレーのアトリエ」へ。

さて、やっと3日目が終わった。
とても疲れた。
晩飯食いに行こう。そしてちょこっと飲もう。
幸い、この界隈は道頓堀の真っ只中だ。食うとこも飲むとこもいっぱいある。
しかし、コロナの事も気にしながら、ちゃっちゃと済ます必要もある。
まだ、19時をすぎたばっかり、それでも、この時期でもさすがに人は少ない。
けど、閑散とはしてない。
客引きさんもちらほらしてる。
飲み屋さんを横目で見つつ繁華街の裏通りを歩く。
確かに人は少ないけど、飲んでる人は結構いてはる。そして気になる。
もちろん飲むときはマスクを外してる。そしてけっこう声高に喋ってはる。
対面して大笑いしてはる。
これは、いかんよなあって思う。自分たちは自己責任やから何しょうとかってやけど
もし、この中で誰かが感染してたら一発でうつる。
せっかく、お店の人が一生懸命感染対策してもこれ一発で水の泡やし、もし
高齢者が近くにいたらいっぺんにリスクが高くなる。
出歩き禁止、閉じ込め作戦かんじんと言うけど、なによりもひとりひとりの
自覚と行動が一番大事なんではないかと思う。
その気持ちが浸透してないようなんが哀しい。
てなことをおもいつつ、「カレーのアトリエ」さんに到着。

前の店のときにランチに行ったことがあるけど、移転後は初めてだ。
とても素敵な裏町飲み屋の佇まい。

すばらしい。
飲み物はワインをいただく。

カレーにワインが合いそう。
メニューを見て、レンコンアチャールをアテでいただく。

カレーで酒が飲めるってええなあって思う。
田舎暮らしで、胃の手術後やとそういうチャンスがめったにない。
さて、カレーをいただく。
ゴボウとサバのキーマカレー。これをミニでいただく。
とても美味しい。

スパイスにとてもあう。サバのキーマが旨味たっぷりで。

素晴らしいスパイスの味わいだ。今のわしの消化力ではこのミニくらいが程良い量だ。
ワインはお代わり。
気持ち良く酔える。
できればもう少し胃袋を鍛えてもっと強いのをグビグビ飲めるとこまで
戻したい。
とても美味しかった。
ご馳走さんでした。

店名 「スパイスハウス カリーノアトリエ (spice house)」
ジャンル カレーライス、バー。
住所 大阪市中央区難波1−5−8
電話 06-7222-9839
営業時間 11:30-15:30 18:00-23:30
定休日 不定休
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

スパイスハウス カリーノアトリエカレーライス / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7