京都四条、麺どころ「かとう」

NO IMAGE

リタイアしてから、水墨画の老師のところにいくのは昼間が殆どになった。
先に京都まで行って腹ごしらえをしてから行くという行動パターンが多い。
あまりカロリーの高いものは避けたいのでどうしても麺類が多くなる。
さて、今回は東大路通りを4条から3条にかけてぶらぶらしていた。
すると、蕎麦屋で英語の看板が目についた。
「さすが京都やなあ。外人さんが入りやすいようにしてるんや」
店に入って、メニューを見ているとお茶を持ってきてくれた。メニューを
よごさないように横にどけると、「これ、濡れてもええようにしてるんです」
とにっこりして言う。いろいろ気づかいを考えている。
初老のご夫婦でなかよく店をやっている感じで雰囲気があったかい。
「とろろそば下さい」、「あったかいの?冷たいの?」、いつも熱いのが
好きなのでつい、「あったかいの下さい」と言ったが、しばらくして
「やっぱり冷たいの下さい」と言うと、
笑いながら、「冷たい方がそばを味わうのにいいと思ってたんです」
自家製と書いているので、どんなんかなと期待していた。
こしがあって、つるっとしてるというわけではない。味はいいので
とろろで食うと美味い。
良く見たが、店内には英語のメニューはないようだ。
でも、ああ見えて外人がきたらペラペラと英語で受け答えするかもしれない。
そんなカッコええことされたらどうしよう。

後日、こんどはそばの味がわかるメニューにしてみようと、再度行った。
今度は、「野菜天ざる」下さい。
「今、前の人の天麩羅揚げてるからちょっと待ってね」、「ええよ、ええよ」
天麩羅は揚げたてでおいしい。
麺はやっぱり少しやわらかい。京都と人の好みなんかなあ。
そばつゆは美味かった。
常連さんが多いが居心地の良い店だった。

 

 

店名 かとう
ジャンル そば
住所 京都市東山区東大路古門前石橋町
電話 075-561-2371
メニュー 日本語、表に簡単な英語メニュー
言語 日本語

毎週水曜は食べ物に関する話です。