九度山暮らしのある日、個展をやった−01。ー1日目、準備前に「大黒」でかやくご飯。

九度山暮らしのある日、個展をやった−01。ー1日目、準備前に「大黒」でかやくご飯。

ー1日目、準備前に「大黒」でかやくご飯。

さて、いよいよ個展開催の日がやってきた。コロナ第3波の真っ只中、何をするんやと
お叱りやご心配の声もあったけど、それでもあんまりためらいなく実施してしまった。
わしの考えやと、たしかにコロナが蔓延してて、自分がかかってもあかんし、人にうつしてもあかん。
十二分に気をつける、用心する行動、暮らしをせんとあかんのは間違いない。しかし、
それが家にじっと閉じこもることとイコールやとは思ってないし、誰しもがそう思ってしまったら
世の中全体が死んでしまう。コロナがあっても生きていかんとあかんと思う。たかが個展なんて
やってもやらんでも世の中になんの影響もないけど、やっぱりできることであればやってしまおう
なんて思った。来ていただく方には大変申し訳無い。それぞれの事情に応じて、来れる人が
来ていただいたらそれでいいとは思うものの、やはり無理をして来ていただいた方もおられると
思う。マスク、消毒、換気には気をつけてたけど何もなかったことを願うばかりだ。
てなことで、個展が始まる1日前、作品の運び込みの日だ。
車に作品を積み込んで、ギャラリーの近くまでやってきた。
その前に飯を食おう。予定通り。
御堂筋を南に下って、道頓堀筋の一つ南を西に曲がる。道頓堀の超にぎやかなあたりとは
ちょっと違ってわりと密やかな裏町風情がある。
その一角にちょっと昭和な建物がある。「大黒」というお店だ。

地味な感じのお店やのにとても人気だ。かやく御飯とおかずという地味なメニューしかないのに
とても人気だ。入ったらたまたま席が空いていた。ラッキーだった。

ご飯は、とうぜんかやく御飯、小をいただく。
おかずが悩ましい。さばやしまあじ、さわらの焼物、ぶりもうまそう、でもやっぱり
人気一番という「かれい煮付」をいただく。ついでにわかめ酢のもの、おしるははまぐりを
赤みそで。
しまった。その横にかす汁って書いてあったのを見落としてた。残念無念。
待つことしばし、全部揃って登場。

やっぱりかやく御飯はとても美味しい。

あっさりしてるようで味わい深い。御飯がふわふわでとてもよい炊きあがりだ。
小で食うのはもったいないけど、やっぱり消化力を考慮しよう。
やっぱりかれいの煮付はとても美味しい。

味がよくしゅんでとても良い。煮付具合がとてもよく出来ている。
あっさり御飯によく合う。
わかめもよくできてる。

味噌汁には大きなハマグリが入っている。

周りをみると、みなさん量は多いもののよく似たものを食ってはる。
但し、ほとんどの人がかす汁を食べている。しまったなあ。
これだけが心残りだ。
とても美味しかった。さあ、元気だ出たんで荷物を運び込んで個展の準備をしよう。

それにしてもこのあたりのコインパーキングってえらい高いなあ。

店名 「大黒」
ジャンル 定食・食堂
住所 大阪市中央区道頓堀2−2−7
電話 06-6211-1101
営業時間 11:30-15:00 17:00-20:00
定休日 日月祝
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

大黒定食・食堂 / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5