九度山暮らし、手術後1年2ヶ月目へ、或いはコロナ怖生活−58、京都、錦市場、近喜商店で特製ひろうすを買った。

九度山暮らし、手術後1年2ヶ月目へ、或いはコロナ怖生活−58、京都、錦市場、近喜商店で特製ひろうすを買った。

京都、錦市場、近喜商店で特製ひろうすを買った。

元々、豆腐や豆腐系の食いもんが好きなんで、うまそうなやつがあるとつい目につく。
この日は、友人と京都市美術館(京セラ美術館)に行った。改装成って初めてだ。

なるほど、前の雰囲気は残しつつも綺麗になってる。
メジャーではないような篆刻展でも事前予約が必要で(当日申し込みもありみたい?)
コロナ対策をしっかりやってはる。
その前に、せっかくやからと昼飯がてら一杯やって、まだ時間があったんで錦市場に
行ってみた。好物の酒のアテ、桜干を買うためだ。その途中、豆腐屋さんを見つけた。
「近喜商店」って言う老舗のお店らしい。
確か、前にもたまたまこの店によって買ったひろうすがとてもおいしかったのを思い出した。

丁度ええ、買って帰ろうって覗き込んだら、特製ひろうすだけが品切れ、どうしょうと
思ったらみせのおじさんは電話中、聞くこともできへんで、後でこようと店を離れる。
そのあとお目当ての桜干を買って戻ってきたら、ちゃんと特製ひろうすが置かれてるではないか。
さすが、電話しながらも気配を感じてた?

無事、特製ひろうすをゲットできた。
これ、酒のアテにちょうどええのだ。
ゆり根がきいたシンプルな味だ。
ずっと前に、東山三条交差点東北角裏に「田村豆腐店」というのがあって、その頃
定期的に水墨画を習いにいってたんやけど、その帰りに豆腐やひろうす、厚揚げなどが美味しいんで
買って帰るのが楽しみやった。
その店も、最初は店をやってたお婆ちゃんが、もうしんどいからひろうすなんかを揚げるのが
できへんって言うてたんやけど、そのうち店そのものがなくなってしまった。
そういえば、あちこちの町内で昔ながらの豆腐屋さんがなくなってきてる。
高齢化社会がどこにもおしよせてるのだ。
そういえば実家の近くにあったお店も今はない。
とても残念だ。

店名 「近喜商店」
ジャンル 豆腐、厚揚げ、ひろうす等
住所 京都市中京区錦小路通富小路東入東魚屋町191−1
電話 075-221-1931
営業時間 8:00-18:00
定休日 水曜日

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

近喜商店その他 / 京都河原町駅烏丸駅四条駅(京都市営)

テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.2