九度山暮らしのある日、手術後1年目へ、或いはコロナ怖生活−43、5本指の靴を買った。

九度山暮らしのある日、手術後1年目へ、或いはコロナ怖生活−43、5本指の靴を買った。

5本指の靴を買った。

ある日、ネットを見てたら、目の端に地下足袋みたいなけったいな靴が通り過ぎた。
なんやこれは、かなり気になる。素足で歩くみたいに靴をはくそうだ。ええやんか。
けっこういろんなメーカがこんな靴を出してる。どんなんやろっていろいろ探ってる
うちにもっとけったいなんを見つけた。5本指の靴だ。
なんやこれは。
驚いた。5本指の靴下は聞いたことがある。どういう効能があるんかあんまり知識はないけど
履いてる人はよくみかける。しかし、靴で5本指というのが現実にあったとは。
驚いた。
でも、なんとなく「これかもしれん!」と直感した。
わしは、いつも靴を買うときに心配がある。普段用の靴でもウォーキング用の靴でも
山用のトレッキングシューズでも、これは合うわ、歩きやすいというやつに出会った
ことがない。足の形が悪い? いつのまにか外反母趾になってしまってる?
何が原因か、足の長さで合わせたら幅がきつい。幅で合わせたら長すぎて先や踵に
隙間ができすぎ。その場で履いてみてそこそこ合うやつを、となるどうしてもやや
大きめの靴になるけど、妥協して買ってしまう。
履き始めると痛くなる。長年変な癖をつけて靴を履いてるんでアーチとやらが崩れて
しまってるそうだ。馴染むのに何ヶ月もかかることがある。
その間、足指が擦れて痛くてたまらん思いをする。慣れたと思っても長時間履くと
痛くなる。情けない。特にトレッキングシューズが痛くなりやすい。辛い。
記事をみたとたん、5本指は絶対にええに違いないと直感した。
履いてみたくてたまらん。
てなことで、ちょうど大阪に出る機会があった時に、難波にある専門店に行ってみた。
「Vibram fivefingers」というやつだ。イタリアの有名なシューズメーカー Vibram社が
出しているやつを販売してる店だ。試着させていただこう。

やっぱり。
思った通りだ。素晴らしい。靴下を履いてても素足で歩く感覚だ。地面にぺたりとつく
感触が感動的だ。
足と靴がぴったり合って、当たって痛いという感覚がない。全くあたらない。なんと
素晴らしい。

もしかしたらわしの歩き用の靴の最終兵器になるかも知れんと思った。
さっそく買って、そのまま履いて帰る。

買い物やらなんやらでしばらく歩き回った後、家に帰ったけど違和感は全く無い。
足も痛くならへん。
急に履きまくったら足を痛めると言われたけど、一応毎日のウォーキングには欠かさず
使い始めた。
とても良い。足は痛くならない。
やっぱり最終兵器?
もっと長時間使ってみたい。山でも使ってみたい。
いろいろ試してみよう。
買ったやつはメッシュのやつなんで、冬になったらどうなんやろ?
靴下を厚くするだけでいけるやろか?
山で雨に遭ったらどうなる?
いろいろ考えなあかんこともあるけど、靴はこれで行きたいと今は強く思っている。
とても楽で開放感がたまらん。
これで元気よく歩いてたらコロナは吹っ飛ぶやろか?
手術後、弱ってる消化力の回復にも役立つやろか?
さて、半年後、1年後が楽しみだ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。