雪の新潟紀行、北越秋山郷を尋ねる旅ー11、リバーサイドハウス、山菜づくしの晩ご飯。

雪の新潟紀行、北越秋山郷を尋ねる旅ー11、リバーサイドハウス、山菜づくしの晩ご飯。

リバーサイドハウス、山菜づくしの晩ご飯。

さて、温泉をたのしんだら晩飯の時間だ。久しぶりに雪の中を走ったんで結構つかれた。
以前は温泉であろうと風呂であろうと長時間入ることはなかったんやけど、手術を
受けてから気持ちが少し変わった。風呂もゆっくり入る、というても他の人の数分の一では
あるけど、飯もゆっくり食う、というてもやっぱり早いけど、あんまりあくせくせんと
生きていこうということだ。
食堂に行くと、やはりわしらの為だけに準備が整っていた。

とても美味しそうだ。
ほぼ全てが山菜や山で採れるものばかりではないやろか。
ウドやワラビ、ゼンマイ、フキノトウ、ふだんあまり食べない珍品がずらりとならぶ。

蕎麦もある。
どれも新鮮で優しくて美味しい。

肉は鹿肉やろか? とても柔らかくて味が深い。ちょっとクセがあるけどなんでもない。
魚はもちろん岩魚なんやろね。淡白でクセがなく、とても美味しい。

当然ビールで乾杯ということで、友人たちはもちろんそうしたんやけど、わしは
まだビールを飲む気がしないんで日本酒をいただく。

とても美味しい。甘さ控えめですっきりしてる。
これは蕗の薹の味噌和えみたいなやつ。

これは素晴らしい。ほのかな苦味と春の香りと味噌の甘味が酒のアテにとても良い。
気に入ってわざわざ買って帰る人が多いらしい。
飲んで食ってしてるあいだに熱々の天麩羅がやってきた。

これも地元の野菜がふんだんに使われてるみたいだ。とても美味しい。
酒もお代わりしよう。「霧の塔」。

知らんかったけど地元津南町の地酒らしい。すっきりとしたとても美味しいお酒だ。
大分酔っ払った。
これでさらに鍋がある。

とても美味しいけどわしの消化力ではとても今日の料理全てを食べ切られへん。
非常にもうしわけないけど残させていただいた。
せっかく、わしらだけのために宿を開いていただいて、山菜づくしの美味しいお料理を
準備していただいたのに愛想なしでごめんなさい。
ご馳走さんでした。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。