九度山暮らしのある日、ある日、突然、ガン患者になってしまった話−24、卵を食って栄養つける?

九度山暮らしのある日、ある日、突然、ガン患者になってしまった話−24、卵を食って栄養つける?

卵を食って栄養つける?

手術後3ヶ月半、経過は順調であるようであるが、食事の量は減ったままだ。ご飯は前の半分
くらいでおかずもそれに見合った量になってる。それでどんどん痩せて行くかと言えば
そんなことはない。手術前より8.5kgくらい減った状態で大きな変動なく推移している。
まあ、おやつの時間にはそれなりにおやつも食べるし、酒を飲むときにはアテも食べるんで
なんとなくカロリーや栄養は足りているんではなかろうか。
と思いつつも時々、癌の手術をしたら痩せてしょうがないとか全然元に戻らへんとかいう
話を聞くこともあってやっぱり精をつけんとあかんのかって思うこともないではない。
そういうときは田舎では昔から、卵を食べるのだ。
好きな卵焼きを毎朝食べよう。
てなことで卵の話。
卵ってスーパーでもどこでも売ってる、どこで買ってもおんなじやんか、と言うと
そうでもない。美味しい卵は美味しい。
たかが卵、されど卵。
いままでこだわっていろんなとこで買ってたけど最近は、「はしたま」って言う
卵の専門店で買うことが多い。
市街地からかなり離れた山の中で営業してはるけど人気のお店だ。

朝9時の開店からどんどんお客さんが買いにくるんでじきに売り切れてしまう。
ここの卵は大ぶりだ。それにもちろん朝どれやから新鮮。
とても美味しい。

ふわふわオムレツ。
カリカリベーコンとベーコンエッグ。
ジューシーな出汁巻き。
分厚目の卵のサンドイッチ。
いろいろだ。
何を食ってもおいしい。
栄養になる。精がつく。
これで大丈夫。病気による体力低下は心配せんでもええということだ。
「はしたま」は敷地内にレストランがあって、親子丼や玉子かけごはん、
玉子焼きなどいろんな卵料理があって、前に行ったことがあるけどとても美味しかった。
比較的近くにこういう卵屋さんがあるととてもよい。
卵の他にご近所の農家から持ってきはるのかいろんな野菜を置いてるのがついで
買うことができて重宝する。
卵は、時には家庭用ということでわけありモノが安く買えるのもラッキーだ。
ここを見つけてから卵を食う量が増えたような気がする。
手術後の栄養はこれで万全ではないか。

お店の玄関の人形はちょっと不気味やけど??

店名 「はしたま」
ジャンル 卵、ケーキ
住所 橋本市小峰台2−13−8
電話 0736-36-3258
営業時間 9:00-17:00
定休日 木曜日
メニュー なし
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。