上海四川料理、蜀天閣

NO IMAGE

友人と、「今日は紹興酒が飲みたい気分だね」という事で、上海にある
「咸亭」の支店に行く事にした。前にも行った事があるので店の感じは覚えている。
地図だと20分程ではあるが、歩いてもいける距離だ。
それで、てくてくと歩いて行った。しかし、その場所に来て見ると、景色が違う。
おかしい。街の人に「この辺に咸亭というレストランがあるのですが、どこですか?」と
聞いてみた。「ああ、その店はそこにあったけど、潰れて、今は別の店になっているよ」
と言う。なるほど、そこだと思っていた場所は全く違うレストランだ。
そこには入る気がしないので、「どうする?」、「わからない」
「辛くてもいい?」、「まあいいよ」
「じゃあ、歩いていける『蜀天閣』に行こう。あそこならおいしいから」という事で
又、20分以上歩く事になった。今日は良く歩く日だ。
この店は、ちょっとだけ裏通りにある目立たない店だが、辛いもの好きの人には人気の店だ。
いつも混んでいる。

syoku081203-1

しかし、友人は辛いものがあまり得意ではないので、まずは野菜スティックだ。
辛い料理の箸休めにとてもいい。

syoku081203-2

やっぱり「辣子鶏」これがなくてはね。
からっとして辛くてうまい。

syoku081203-3

これも、ここの美味しい料理。
串に刺した蝦が独特の香料でとても美味しい。

syoku081203-4

これは、蟹味噌豆腐の料理。野菜とあってとてもうまい。
しかも辛くない。

syoku081203-5

やっぱり、この店は旨い。
上海ではお勧めだ。

毎週水曜は食べものに関する話です。