京都、熊野神社前、ジャズ喫茶の老舗中の老舗、「YAMATOYA」に行った。

京都、熊野神社前、ジャズ喫茶の老舗中の老舗、「YAMATOYA」に行った。

京都、熊野神社前、ジャズ喫茶の老舗中の老舗、「YAMATOYA」に行った。

最近、「そうだ、ジャズ喫茶に行こう・・」ってふと思いつくことが多い。
此の日も西院で篆刻の勉強をしたあと皆でランチを食べた後にそんな気分になった。
バス停で路線図をみたら、西院から熊野神社前まで乗り換え無しで行ける路線がある。
やっぱり京都の市バスはとても便利だ。
これから熊野神社前の「YAMATOYA」に行く。
ジャズ喫茶→「YAMATOYA」ってすぐに連想するくらい老舗中の老舗、なんせわしらが
学生時代から老舗やった。もう何十年も前の話、その頃、偶々京都の友人のところに
遊びにきて、普段の学生生活は北九州やったんでジャズ喫茶と言えば、小倉の
「アベベ」、ジャズ喫茶行こうといえば、「シャンクレール」や「BIG BOY」
「52番街」なんてのがあったような気がするけど、「YAMATOYA」が一番本格的って
聞いていた。どの店も店内に入ると耳を聾するばかりの大音量で、わしらはひたすら
うなだれてストイックに聞いてただけのような気がする。何遍も行ってたわけでは
ないんで久しぶりとうのはおこがましいけどとにかくバスを降りる。

路地を入ったとこにお店がある。

お洒落な佇まいのお店だ。

以前と一緒かどうか、時とともに殆ど記憶はなくなってるんで懐かしい感はわいてこない。
店内は静か、静かにジャズが流れている。先客は1名、カウンターに座る常連さんみたい。
「どこでもどうぞ」と言われて、いきなりカウンター席に座るのは恥ずかしいんで
スピーカーの前のテーブル席に座る。
それもピアノの前、左右のスピーカーの真ん中へんという一番ええ席だ。
コーヒーをいただきながら音楽を楽しむ。

とても美しい音だ。弦だけでなく管楽器にも艶があって色気があるような気がする。
音を聞いただけで、あるいは姿を見ただけで何というスピーカーかわかるほどの
知識はないけど只者やないということだけはようわかる。
後で調べたらVITAVOX KLIPSCHORNという名機らしい。ここからは見えへんけど
アンプもええんやろねえ、McINTOSH MA2275という管球式のプリメインアンプ、
素晴らしいやつだ、音に余裕がある。モテるパワーのほんの数%も使わずに、いとも
軽やかに音を出しているという感じがする。
レコードプレーヤーはガラード401、これはわしでもわかる。それも2台あって
1枚終わるごとに奥様らしき方が交互にレコードをセットしてはる。
店の奥の方を覗くと、壁面がレコードで埋まっている。

数千枚はあるんとちゃうやろか?
なんとすごいコレクションなんやろ。
一組お客が入って来はった。席につきながら、懐かしいさを連発してはる。
むかしのおなじみさんなんかもしれん。
鋭いけど、きらびやかで、柔らかくて、大きすぎることのない音楽が心地良い。
いくらでも聞いていたい。
コーヒーがとても美味しい。
今様のジャズ喫茶とはこういうとこなんやね。

店名 「YAMATOYA」
ジャンル 喫茶、バー、ライブハウス?
住所 京都市左京区東山丸太町東入ル2筋目下ル
電話 075-761-7685
営業時間 12:00-24:00
定休日 水曜日、第二木曜
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

ヤマトヤ喫茶店 / 神宮丸太町駅東山駅三条京阪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6