ルアンパバーン、ビエンチャン、バンコクの旅−07、ソークミーサイゲストハウスへ。

ルアンパバーン、ビエンチャン、バンコクの旅−07、ソークミーサイゲストハウスへ。

ソークミーサイゲストハウスへ。

わしは、旅行好きやけどバックパッカーではない。行き先も決めず、泊まる宿も決めず
でたとこ勝負のさすらいの旅人なんてかっこええけどわしは、主な交通手段や泊まるとこは
事前に決めて旅をする。
慎重というよりは気が小さいんやろね。
最近は数人から10人前後で旅をすることも多いんで、乗り物もチャーターした方が
安いことがあって楽な移動の旅が続いている。宿も乗り物チャータついでに現地旅行社などに
コミコミでお願いすることもあるし、ネットで直接予約する場合もある。
今回ルアンパバーンの宿泊はネット予約のパターンだ。しかも予約サイト経由ではなくて
直接ホームページから予約した。
宿泊は「ソークミーサイゲストハウス」という。
わしが何故このゲストハウスを選んだか?
前回は偶々ゲストハウスだった。それで何の問題もなかった。
料金がとても安い。この時で1泊1部屋31us$くらい。
場所が良い。朝市やナイトマーケットがある街のほぼ中心地の近く。
日本人が経営。日本語が通じる。今回は人数が多いんで、とても安心だ。
ルアンパバーンで唯一の日本人が経営するゲストハウスらしい。前に来た時は
このゲストハウスはなくて、他に何件かあったような気がするけど、時が移れば
世は変わる。
同じことなら日本人を応援したい。
聞く所によれば、「こんな所に日本人・・・」と言った番組にも出場したらしい。
だからどうということではないけど海外で頑張ってる人は大変なのだ。
できるだけ応援しよう。
それに、現地ツアーの手配も頼めるらしい。
事前の連絡も日本語なんでとてもやりやすかった。
てなことで本日到着。

この奥の左手にある。
大体想像どおりの佇まいだ。
2階の部屋からの眺めもこれからの数日の暮らしを想像させる。

わしの好きな路地裏だ。
角を曲がるとメコン川が見える。

ええとこではないか。
例えれば民宿のような、ユースホステルのような簡便さではあるが、
部屋は広くてベッドも大きく地味ではあるが不潔ではない。
トイレもシャワーもついている。
もちろんエアコンもバリバリ活動してる。これがなかったら死んでしまいそう。
Wifiもok。先程買ったsimも良好に使える。ネット環境は万全だ。
部屋割りが決まったら安心の両替屋さんの場所を聞いて、とりあえず
昼飯を食いに行こう。
ラオス・キープは換え戻しが出来へんからちびちび換えて使い切らんと
あかんのだ。昼飯を食ったら、しばし休憩。
普通やったらすぐに街の偵察に繰り出すとこなんやけどなんせえらく暑い。
多分40度近いはずだ。もうすでにその気力がめげそうになってきてる。
便利な場所に生活拠点があるとこういうときにもありがたい。

ソークミーサイゲストハウス

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。