旧友たちと倉吉、三朝、岡山を回って広島へ−14、呉市安浦町、やっぱり「うな重一番」美味しい鰻を食う。

旧友たちと倉吉、三朝、岡山を回って広島へ−14、呉市安浦町、やっぱり「うな重一番」美味しい鰻を食う。

呉市安浦町、やっぱり「うな重一番」美味しい鰻を食う。

さて、安浦町へ来たからには何をおいても「うな重一番」の鰻を食わんとあかん。
わしらの仲間の習性になってしまってる。
安浦在住の友人も俺等が行くぞとなると、ほぼ自動的に電話予約の方向に身体が動いてくれるのが
ありがたい。お店の方も何年かに1回くらいしか食いにいかないわしらでも覚えてくれていて、
前回、来はったときは白焼き食べたいって言うてはったなんて答えてくれたらしい。
そうそう、美味しいうな重を頬張りながら、次は白焼きを食いたいぞ、食うぞと
叫んでいたのを思い出した。
確かに、鰻の白焼きとお酒っていうのを想像するとよだれがとまらへん。
ところが残念ながらこの店はお酒禁止なのだ。
それは残念、そやけど一旦食いたいと思ったら止まらへん。やっぱり白焼きを頼もうと
予約して、本日参上。

安浦町の北側、小高い山の中腹くらいにある鰻養殖場の中にある。峠を越えたら野呂川やけど
今回の水害ではこのあたりは被害が殆どなかったみたいだ。
いつもどおりに営業してはる。
このプレハブのお店が懐かしい。
席について、前来た時を思い出しながらワイワイワイやってる(酒無しが残念)間も、
ご主人は丁寧に鰻を焼いてはる。
ここは蒸して焼くんではなくて関西風に直節焼く。

白焼きの場合は1人前幾らという価格設定ではなくて、重さを計って、重さあたりの価格に
なるらしい。なんと良心的な。
しばらくして、ご飯セットが運ばれて来た。

もうすぐ鰻が来るということだ。
おっと大きな塗盆がやってきた。

でかい。うな重で来るより遥かに壮観だ。
藻塩で食べてくれという。勿論タレで食うなんてあり得ない。
大きな切身を塩につけてガブリとやる。

これは美味い。
脂がどどっと染み出してくる。皮がパリパリと香ばしい。
身は分厚くて食べごたえがある。
ご飯と一緒に食べてもとても美味しい。
本当はお酒が欲しいところだ。美味しい日本酒があれば言うことなしだ。
しかし、この店のルールやから仕方ない。
当初、うな重あるいはうな丼とこれと両方、あるいは白焼き半分というアイデアも
出たんやけどわしら年寄りは多分食べ切れんやろと白焼き一本にしたのだ。
これでも多いくらい。
十分堪能させていただいた。
気になるお値段は、わしのが一番重かった。3300円、ご飯セット500円、合計3800円。
決して高くはないと思う。リーズナブルなお値段だ。
またもや美味しい記憶が刷り込まれた。次は何時来られるやろか?
ご馳走さんでした。

店名 「うな重一番」
ジャンル うなぎ
住所 呉市安浦町内平96
電話 0823-84-5254
営業時間 11:00-15:00(完全予約制)
定休日 水曜日
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

うな重一番うなぎ / 安登駅安浦駅

昼総合点★★★★ 4.0