中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−34、安徽、歙县七里頭近くで昼めしを食う。

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−34、安徽、歙县七里頭近くで昼めしを食う。

安徽、歙县七里頭近くで昼めしを食う。

さて、関麓村を出たら本日というか、この旅での最大の楽しみの一つ硯作家の工房を
訪問する予定だ。その前に腹ごしらえをして気合を入れておかんとあかん。
てなことで、工房近くの街まで行ってレストランに入る。どういう店かさっぱりわからんけど
こざっぱりした美味しそうなお店だ。
とりあえずいつものようにビールで乾杯。黄山も近いとわかるビールが来た。
迎客松ビールか。

最初は「叩黃瓜」と言う名のとおりぶつ切りキュウリを叩いてニンニクと唐辛子のタレを
かけたやつ。

これ、わし大好き。ビールのアテにとても良い。
次は豆腐鍋のようなやつ。田舎の豆腐はみがたっぷりしてとても美味しい。

そしてキノコ鍋。

これもとても美味しい。やっぱり山の幸やね。
次は卵焼き。これも大好き。地鶏の卵は味が濃い。

野菜を混ぜ込むのも良いアイデアだ。
そして干し豆腐やら野菜やらの炒め。

ごちゃごちゃしておいしい。
キクラゲと豚肉炒め。

分かりやすい味。美味しい。
さて、野菜もたっぷりだ。

豆苗のようでそうではない。
茄子炒めも定番の美味しさだ。

鶏炒め、モミジのようなお手手も見える。

地鶏の美味しさがある。
また野菜が来た。

何という野菜かわからんけどシャキシャキしておいしい。
トマトスープは抜群にうまい。

そして締めのチャーハン。

何の変哲もない唯の炒めご飯やけど、妙に美味しい。

安徽省の食い物。

安徽省の安徽料理は中国でも美味しいので有名な料理の一つだ。
何がどうというのはあんまり詳しくはないんやけどかの有名な黄山がある土地柄だけに
野山の幸が豊富らしく野菜の料理がとても美味しい。
肉は豚や牛よりも鶏肉が田舎に行ったら走り回ってるんで、とても新鮮で美味しい。
川魚は貴重品扱いなのか値段が高い割には癖が強いんでわしらはちょっと敬遠気味。
辛い料理も多いらしいけど程々でもあるような気がする。
何より美味しいのが毛豆腐というやつで、半発酵なのかようわからんけどねっとりして
とても美味しい。この旅のどこかで堪能したいと思う。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。