九度山暮らしのある日、ヤフオク第2弾、「片口」を買って酒を楽しむ。

九度山暮らしのある日、ヤフオク第2弾、「片口」を買って酒を楽しむ。

フオク第2弾、「片口」を買って酒を楽しむ。

先日はヤフオクを初めてやってみて鉄瓶を手に入れた。薪ストーブを使う季節の生活では
とても役に立っていて大満足の毎日だ。熱いお湯がいつでもシュンシュン沸いている。
それで味をしめたかしめないか、どうでもええけどそれ以来ヤフーからオススメオークションの
メールが来るようになった。つい見てると、ちょっと良さげな片口がある。かねてから
ちょっと洒落た片口が欲しいなあって思ってた。
見てたら丁度良さげなのがあるではないか。
値段は微妙。もうちょっと安かったらええけど、まあこんなもんかもしれん。
取り敢えず、ポチッとしてみよう。値上がるようならやめとこう。期限はその日の夜だ。
時間が経つうちに忘れてしまってた。
突然メールが来て、落札してしまったらしい。
朝鮮唐津、片口、5800円+送料だ。
速やかに送られて来た。

朝鮮唐津というのは唐津焼の中でも黒っぽい釉薬と白っぽい釉薬が微妙に掛け合わされている
というやつらしい。わしは焼きモンには詳しくないんでなるほどって思うだけだ。

試しに使ってみるとなかなか具合がええ。
どうええかと言うと、飲む量が管理しやすい。これの出口まで入れて約1合くらいだ。
ちょっとだけ晩酌というときはこれでええ。
もうちょい呑みたいと思う時はあと1合。
これがなかったらどんだけ呑んだか酔い具合で判断するしかないんやけど、酔えば
酔うほど、わからんようになってつい飲みすぎる。
それでもまあええといえばええんやけど、歳をとったら飲みすぎへんほうが体の為には
ええんではないやろか。
酒を満たしてみると色が綺麗に見える。
最近はこの盃。唐津のとなりの有田の鍋島焼だ。口当たりが滑らかでええ感じに酔える。

てなことで夜な夜なちびちびと楽しんでるうちにお正月到来。
新しいお酒も続々到来。
嬉しい限りだ。
まずは、

「寒中梅」、大吟醸なんか。

わしも「ありがとう平成」って思いつつ乾杯しよう。
とても美味しい。やや甘口ながら芳醇ですっきり。気持ちよく酔っ払える。

「森伊蔵」

まさか、こんなやつが手に入るとは思わなかった。暮れに、親しい方から頂いたやつ。
大事に正月までとっておいた。素晴らしい味だ。
ビリっときつい味がスッキリと抜けていく。どこまでも爽快な飲み口だ。

「呉春」

これも思わぬ到来物。
とても美味しい。懐かしい優しい味わい。
どれも美味しい。
片口で呑むと特に美味しい。
飲む量を管理するはずがいくらでも呑んでしまいそう。
正月早々毎日酔っ払ってる。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。