中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−04、リムジンバスで虹橋空港、虹橋駅へ。

中国、廬山&安徽、文房四宝の旅−04、リムジンバスで虹橋空港、虹橋駅へ。

空港移動って結構大変。

伊丹と関空の移動もそうやし、羽田と成田の移動もそうで、空港間の移動って結構大変
なんやけど上海で浦東空港から虹橋空港までの移動も結構大変なのだ。
と言うてもリムジンバスに1本乗るだけなんで慣れてしまえばなんてことは無いんかもしれん。
机場一線というのが虹橋行きらしい。

shanhai-airport
浦東空港から虹橋空港まで30元だ。
実際の目的地は虹橋駅やのに虹橋空港って言ってるのは両方隣同士にあるからなのだ。
どっちに行っても同じことになる。現にバスの案内には虹橋火車駅行きって書いてあった。
出口付近でバス乗り場を探す。バスの絵文字があるからわかり易い。

shanhai-airport

席が空いてるんでゆるゆると座ったら、満員になるんで詰めといた方がええと言われた。
なるほどどんどん乗って来る。残席わずかで出発。

shanhai-airport

まあええくらいやんかと思いきや、バスは第2ターミナルでも停車する。ここから乗る
人は殆ど席がない。運転手が席を数えにきたり、空席を詰め合わせたり、調整に
忙しい。チケット代金もこのあたりで徴収に来たような?

shanhai-airport

で、完全満席で出発。立ち席はいかんらしい。どこでもそう、安全のためだ。浦東空港は上海の市街地の
ほぼ東の外れにある。虹橋空港は逆に西の外れの方だ。結構距離がある。殆どが高速というか
高架道路(有料ではない)を通るんでラクラクと走れると思いきややっぱり市街地の中心部を
通っていくんでそのあたりでは渋滞磨ることが多い。それでもよほどのことが無い限りは
流れているんで大きなロスはない。

airportbus

概ね1時間強くらいで到着する。ガイドさんの話でも1時間半を越えた経験はないそうだ。
新幹線の駅の入口のあたりに到着した。

shanhai

取手が壊れてるんでスーツケースが出し入れし難い。
入り口で荷物検査。中国は、地下鉄でも鉄道でも荷物検査がかならずある。入り口ごとに
あるんで結構めんどくさい。特に今回はスーツケースの取手が壊れてるんで余計面倒だ。
中に入ると巨大な空間。

shanhai

見る度に駅は大きくてきれいになっていく。
それにいつ来ても何時に来ても人が一杯、溢れてる。一体どんだけの人が移動してるんやろ?
上海の駅だけではない。
行ったことのあるほとんどの新幹線駅はいつも人が一杯。
行ったことのあるほとんどの地下鉄駅もいつも人が一杯。
空港も。
どこへ行っても移動する人、人、人。
人口の国やなあ。

上海浦東空港の第1ターミナル、第2ターミナル。

今回気がついたけど、虹橋空港まで行くリムジンバスの乗り場は第1ターミナルにも
第2ターミナルにもある。しかし、第1が先やから第2で待ってると乗れない場合が
多い。ANAなど第2ターミナルで降りる場合はえらい不利だ。そやから、面倒でも
第2から第1まで歩いて移動した方が良い。とても歩ける距離ではないって書いてる
記事もあるけど、両ターミナルは平行に向かい合ってて、中央でつながってるんで
10分程度で移動できると思う。リニアモータカーの乗り場や長距離バスの発着場は
ちょうどその真中なんで半分移動はよくやってるし、全部移動も時々やってるけど
負担に感じたことはない。積極的に歩いて移動しよう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。