深センに来たら「老院子」の四川料理だ

NO IMAGE

中国に来たら辛いものを食べたいといつも思っている。今回は深センだ。
折角深センに来たからには、前にも紹介したことのある「老院子」に行こうと
前回貰った名刺を取り出した。おしゃれなつもりだろう、真っ黒な名刺だ。
だから住所とか文字がよく読めない。地図もあったの地図をたよりにタクシーに
乗った。「ここだよ」という事で降ろされたが、前に来た時と景色がちがう
店も見当たらない。それで、名刺の文字をもういちどじっくり読んで、
電話番号を見つけて聞いて見た。かなり違うところだ。
「なんでこんな地図のせるんや!」とぷんぷんしつつも店に入る。
店の内装も一新されていた。昔の田舎料理屋風の感じから、近代的な感じに
一新だ。味が変わっていないか心配だ。
まず、辣子鶏。
これは、乾いていてなかなかおいしい。ちょっと麻の痺れがたりないかな。

syoku090128-1

香辣蝦。まあまあだなあ。

syoku090128-2

この白菜の酸っぱいいためものはなかなかおいしい。酸味と辛味が調和している。

syoku090128-3

筍炒めもおいしい。こういう野菜料理がいいのだ。

syoku090128-4

水煮魚。
これが何時も楽しみだ。今回も、これは変わらずに美味しかった。
この鮮烈な辛さがたまらない。
しかし、ちょっとコクが減ったかな。

syoku090128-5

麻婆豆腐。
これは全くダメだ。どうしてこんなに味が変わってしまったのだろう。
辛さも弱いし、麻の痺れもないし、コクもない。

syoku090128-6

又、別の店を探さなくては。

毎週水曜は食に関する話です。