熊野古道、小辺路の旅08ー熊野古道、小辺路踏破を断念して帰る。

熊野古道、小辺路の旅08ー熊野古道、小辺路踏破を断念して帰る。

安心して一息ついて、ご飯を食べてるとお婆ちゃんが、「これ私が出てるよ」って
ビデオを見せてくれた。NHK、BS番組でこのあたりに取材に来た時のやつだ。
お婆ちゃんやその友達が可愛く写ってる。
小辺路ってええなあ。またゆっくりスケッチ旅行に来たいなあって思う。
それで今回はこの先どうするか?
3人で相談したと言うか、暗黙の一致というか、ここでリタイアしようという事だ。
体調が悪い人だけリタイアして続ける。あるいは明日のコースは一番楽な行程や
からとりあえず頑張ってみる。3つの選択肢はあるけど、やっぱり3人揃って下山
しなかったと言う基本的なことを守れなかった反省がとても強い。
残念ではあるけど明日は3人揃ってリタイアしてまたリベンジする機会を作ろう。
リタイアは簡単だ。あさ6:30のバスにのれば都会に帰れる。
では出発まで民宿のあたりを散歩して行こう。

山は緑が深くて綺麗な杉林が鬱蒼としていてとても気持ちが良い。
過疎と雖も人が住んでいないわけではない。

それなりに暮らしがあるようだ。
しかし、小学校はすでに廃校になってしまってる。

残念ながら昔日の面影を残すだけだ。

ええ村やなあって思う。なくならんで頑張って暮らしてほしいなあ。

因みに昨夜の晩御飯はとても美味しかったし、朝ごはんも美味しかった。しかし、
色々ジタバタしたんでカメラに撮る余裕をなくしていたようだ。
朝ごはんの時に納豆が出たんでフランス人はどうするか見てたら、どう食べるか
悩んではった。こないやって混ぜて食うんやって教えたら、やってみるってにっこりした。
あとでどやったってきいたら、顔をしかめてた。
まあ、むりやわなあ。
バスはあのトンネルからやってくるらしい。

ダム湖を抜けて、

谷瀬のつり橋のあたりを通り過ぎて、乗り換え地点についた。

あっちのバスに乗り換えるらしい。所謂地域循環バスみたいなやつだ。

乗り換え地点の村の様子。

急に歩かんでようなって、気が抜けてぼんやりしてしまった。
うとうとしてるうちにJR五条の駅に着いてしまった。

わしらの熊野古道、小辺路の旅はこんな風に終わってしまった。
また、リベンジの時によろしく。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。