ブログ村ブログパーツ

九度山暮らしのある日、蜂の巣騒動。

毎日、毎日、クソ暑い日が続く。こんなに暑かったらビザ窯のことなんか考えもせえへん。
しかし、ちょっと胸騒ぎがして家の裏の方に回ってみた。何も変わりはない。
ん?、蜂がブンブンとんでるやんか。ちょっと多いなあって軒下を見上げたら、
ギョギョギョ、ピザ窯を置いてる屋根の軒下にえらく大きな蜂の巣がぶら下がってる。
何じゃこれは。

直径30cm以上はあると思われる。いつのまにこんなんできたんやろ、いや、作ったんやろ?
確か、5月の連休前にピザ窯を使ったことがある。その時にはなんもなかった。
ということは5月に入ってから一気にこんな巣を作ったということになる。
どうしよう? ほっとくわけにはいかん。しかし、どうしたらええかさっぱりわからん。
ネットで調べたみたら、殺虫スプレーを買ってきて蜂の群れを全部殺してから
一気に蜂の巣を取り外して袋に詰めてしまえみたいなことを書いてある。
えらいこっちゃ、そんなん蜂と全面戦争になるんとちゃうんやろか?
スプレー持って見上げながらかけ始めたらガンガン刺しに来よるで、顔中刺され
まくったら下手したら命にかかわるやんか。これは多分無理やなあ。
それでとりあえず役場に電話してみた。担当の人の言うことには、公共の場所に
ある蜂の巣やったら役所が対応できるんやけど個人の敷地内やったらどうしょうもない、
適当な業者さんを紹介するけどどやねんという話だ。
それでもしょうがない。聞いた業者さんに電話する。すぐには無理やから明後日の
夕方、日が暮れてからということに決まった。なぜ、夕方日が暮れてからかと言うと、
その頃、皆、巣に帰って来るんで一網打尽にできるからやと言う。
さすがプロやね。
ちょうどその頃台風が来た時やった。どうもまっすぐわしらの住んでるあたりを
目指してくるらしい。簡単に言えば直撃やんか。けど威力はそれほど強くないらしい。
夕方近くに本格的になってきた。結構ゴウゴウと風が吹く。蜂の巣のある軒下にも
ゴウゴウ吹いている。これはもしかしたらこの風で蜂の巣が吹き飛ばされて、
台風とともにどっかへいなくなってるんとちゃうやろかと甘い期待をしながら台風が
行きすぎるのを待って恐る恐る見に行ったら、なんのなんの何の異常もなく蜂が
ブンブンしてる。自然の営みってすごいわと改めて驚いた。
翌日、夕方、予定より1日はやく駆除のおじさんがやってきた。奥さんもお手伝い
されてる。こんな仕事をしてると奥さんも蜂にやられることがあるらしい。
一度、頭をスズメバチに刺されて仮死状態になって、病院で生き返ったって笑って
はったけど、何と恐ろしい。
さて、おじさんの準備ができた。全身を白い服で(白い色が攻撃されない色らしい)
覆って、防止にも網がかけてある。
おおきなビニール袋を持っていって、その中に一気に蜂の巣を叩き落とすらしい。

なるほど、「さあ行きまっせ」と声をかけると、瞬時に袋の中に入れてしまった。

終わったら残りの蜂も、入れれる限りはこの袋の中に収容してそれでおしまい。
簡単明瞭だ。
さすがプロやね。
殺虫剤は一切使わない。
これをどうするかと言うと、袋のまま日に晒すと一定の温度で蜂は死ぬのだそうだ。
それを穴に埋めて、あとで供養すると言ってはった。
技を見てみれば、見よう見まねでわしらにもできるんかな? できへんのかな?
微妙なとこやね?
まあ、お金を払った価値はあったんではなかろうか。
翌朝見ると、7、8匹の蜂が巣を探して彷徨ってた。しかし、昼になると2、3匹、
夜になると全くいなくなって、駆除は完璧であった。
ありがとうございました。
蜂が巣を作るのは5月らしい。気をつけよう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

3 comments to 九度山暮らしのある日、蜂の巣騒動。

  • 唐丸

    大変な蜂の巣騒動でしたね。今年はいろんな所で蜂の巣を見ました。そういう我が家も柚の木とか果実が多いので、蜂がブンブンしています。やはり数日前に巣を発見しまして、ドラッグストアーでバズーカほうとかいう蜂退治の薬品を買って来て巣に長い棒状のようなものを撃ち込んで1発で終わったみたいです。昔は子ども達が庭で遊んでいたので、私がたいまつに火をつけて蜂の巣退治をしました。

  • sakana

    へえ、バズーカほうですか、そんなんがあったんですね。こんど試してみます。すぐまた巣ができるような気がします。

  • 唐丸

    夫の名古屋の実家がずっと空き家で、大きなハチの巣が出来てしまい、市役所に連絡して業者に駆除してもらったことがあります。当時で3万円。駆除に立ち会う為に私の往復の新幹線代2万円余りですごい出費でした。で、それ以来夫はハチの巣取りの名人になりましたが、昔、府中の市役所に相談に行ったときはタイマツを燃やして巣を焼くのが一番いいと言われ実行していましたが、最近はたき火もできないご時世なので、薬品に頼っています。
    百田尚樹が「マリア」という小説で蜂の世界を描いていますが、あれを読んで以来、私はハチの巣をタイマツで焼き払えなくなりました。百田尚樹の政治がらみの発言がとても気に食わないので最近は彼の小説は一切読みませんが…「マリア」という小説は良かったです。
    蜂が受粉をしてくれないと私たちは困るのです。でもアナキラフィーショックも怖いですしね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>