台湾、梨山の高級烏龍茶

NO IMAGE

2か月ほど前に友人から、台湾土産の烏龍茶を頂いた。
「これ最高級のやつやで」その友人もよい茶がわかる人なので期待できるのだ。
「さて、飲んでみるか」と思ったが、きちんと真空パックされている。一旦開けたらちゃんと
保存しないといけない。
ところが今、茶缶に余裕がないのだ。
「いらん茶はほってしまおう」と思うが、いざとなるとそれぞれに愛着があって捨てるのは
もったいない。そんなことをしてるあいだに日が経ってしまった。
やっと茶缶に余裕ができた。
「さあ飲むぞ」
「心して飲まないといけない」
「最近凝っている鉄瓶を使うか?」、いやいや烏龍茶には使ってはいけないと言われてる。
烏龍茶は鉄に負けるから味がおちるのだそうだ。
茶器をよく温めて、茶葉をたっぷり入れる。
茶葉がひらいたら急須に満杯になるほどがいいのだそうだ。
しかし、どれほど開くか今の時点ではわからない。
茶葉は綺麗な緑でしっかり固まっている。これが梨山茶の特長だそうだ。
この時点でよい香りがする。
急須の上からもお湯をかけてじっくりと蒸らす。急須の中で茶葉が膨らんで注ぎ口から
ぴゅっと出る頃がちょうどいいのだそうだ。
色が美しい。黄緑色が透明だが深い。香りがすごい。フルーティだ。
茶は、「おいしい」
芳醇で香りがたかい。口中に豊かさが広がる感じだ。
これは何センまでいけるだろう。2セン、3センでも味は全く落ちない。
「やっぱりほんまもんはええなあ」
武夷山の岩茶もうまかったが、まさるとも劣らない味わいだ。
今日はお茶で豊かな気分になれた。
ありがとう。

cha100805-1 cha100805-2 cha100805-3

毎週金曜は酒や茶に関する話です。