「びわいち」琵琶一周サイクリング(北回り)で暑気払い-14、紫式部歌碑を眺めつつ

NO IMAGE

ずっと国道を走る。最終段階ではあるとおもうけどまだ数十kmあるはずだ。
その事を考えると気がおもくなるんでできるだけ考えんようにするつもりやけど
目はつい距離計を見てしまう。さっき見てから1kmくらいしか進んでへん。
もしかしたら距離計が壊れてるんかもしれん。
そんなはずはないんで又目をそむける。景色は単調だ。いけどもいけども道ばっかり
気分も単調になるし、それを書いてる文章も単調になる。
なんもおもろいことあらへん。
ふと横を見ると何か石碑みたいなんと神社みたいな建物がちらっと通り過ぎて
行く。たしか紫式部歌碑って書いたものが見えたような気がするけど、戻って
見直す気もしいへん。後で調べよう。

hime161010-1

それで後で調べた。やっぱりその場所らあたりに紫式部の歌碑があるようなんで
見間違いではなかったようだ。
こういう碑らしい。
「おいつ島しまもる神やいさむらん 浪もさわがぬわらはべの浦」
特にどうってことないような気がするけどどうなんやろ?
ネット記事によれば藤原なんちゃらという人の4人目の妻になるために父親の
赴任地越前から京に帰る途中で読んだ歌らしい。何か深い意味があるんやろか?
折角、紫式部なんやからもっとビシッとしたのを詠んで欲しかったなあ。
だんだん途中でとる休憩が長くなってきた。
このあたりはコンビニが結構あるんで助かる。

hime161010-2

休むのはええんやけど自転車を停めたときママチャリやったら、前から足を下ろせ
るんやけどクロスバイクは後ろに足を上げんとあかん。短い足がひっかかって
降りるのが面倒ではあるが降りへんとこけるんでしかたがない。
今回活躍した自転車はこんなやつだ。

hime161010-3

レンタルにしてはしっくり走れる。早くは走れんけどゆっくり走ってええ感じだ。
今回はサドルカバーが付いてる。もちろん有償オプションで+500円だ。
今回は脚の付け根がずるむけしていたいけどお尻は痛くないのはこれの効果なん
やろか?
痛いときはこいつのせいやとはっきり思えるけど、痛くないのはなくてもok
やったんかあったからうまくいったんかようわからんのがもやもやする。
走っててあんまり利いてる気がせんかったから余計そうおもう。けどわからん。
あの痛みがこれで解決したんやったらまた次もこれが必要なのだ。それと今回
はサイクルコンピュータがついてるのがよかった。
どれくらい走ったかすぐわかるからあとどれくらいかも予想できる。
スピードも出るんでどれくらいへたってるかもようわかる。今からはできるだけ
見んようにしよう。
右手にずっと見えてるのは安土城かなあ?
写真撮る元気ないなあ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。