「びわいち」琵琶一周サイクリング(北回り)で暑気払い-05、賤ヶ岳トンネルを越える

NO IMAGE

さて、昼飯を食った。食い過ぎたかもしれんけど、こっから頑張らんとあかん
とこやから丁度ええ。予めネットで調べた情報では、ラーメン屋がある大音と
いう交差点が問題なのだ。ここで安易に国道8号線に入ってしまったら、大型
トラックにお尻を炙られながら走らんとあかん。ただでさえ暑くてたまらんのに
それは堪忍して欲しい。それを避けるためには渡ってすぐにある514号線のとこ
ろで左折せんとあかんのだ。そんなん簡単やんかって思てたら工事中でその道
に入られへん。あれっ、どないしょうと思ったけど川に沿ってちょっと進めば
橋を渡って工事中の先まで戻ってこれるみたいだ。そういえばこの交差点に入って
くる前にそんな看板があったと思い出して。問題のポイントはクリアできた。
あとは漕ぐだけ。トンネルを抜けたら絶景が待ってる。頑張ろう。

sizu160908-1

すぐ右側を走る国道8号線に比べたらなるほどのんびりしてる。気持ち良く田圃

の横を走って坂道にさしかかる。

sizu160908-2

なるほど段々坂がきつくなる。そやけどもうあかんと言うほどではない。
ギアを落としてちびちびと上がる。とろとろとかっこ悪いけど言うてられへん。
なりふりかまわずよたよた上がる。おや、トンネルが見えてきた。

sizu160908-3

してみるとこれで終わりか、来て見れば思たほどしんどくなかったやんか。
ご褒美に絶景が見える。

sizu160908-4

呼吸を整えながら水を飲みながら景色を見る。
ここからは綺麗な景色をみながら下るだけだ。気持ち良い。
「も一個、きつい坂があるらしいで」と友達がぽつんと言う。げっこれで終わ
りとちゃうんかいな? 地図でみたらもう終わりみたいやでと言いつつ下るけど
やっぱり後できついやつが来るというのはこの時点ではわからへん。

sizu160908-5

ずっと下って湖岸にでた。時々標識とブルーラインがあるんでなんとか迷わずに
進む。町の中に入ってきた。迷いそう。地図を確かめる。

sizu160908-6

地図の通りに行ってるはずが、おや、工事中、誘導員のおっちゃんに迂回させ
られる。地図との関係が全くわからんようになってしもた。
勘をたよりに走ってると地図で覚えてたランドマークに遭遇。
やれやれ、間違えて国道に入ってしまわんでよかった。安心したところで、
コンビニを見つけた。一服して先に進む。
不安ながらも地図を信じて田圃の中を走る。段々山が近づいてきた。
小さな村落に入って地図がわからんようになった。
どっかで左に曲がったら国道にぶつかるはずだ。しかしその曲がり口がわからん。
このへんかと曲がってみたら、えらい急坂だ。ひーこら良いながら上りつめたら
行き止まり。そんな事を2ど繰り返す。
標識は全くない。
もうあかんどないしょうと思ってるとやっとブルーラインを見つけた。
しかし、道は急勾配で上りながらうねってるんで先が見えへん。不安ながら、
漕ぐんで足に力が入らへん。もう皆、自転車から降りて押して上る。
やっと先が見えた。

sizu160908-7

これでやっと本線に合流。
後でゆっくり荷物を調べたら、びわいちレンタル自転車屋さんで貰った地図に
この辺りのことは写真入りで詳しく書いてあった。
そういうのを安直に直してしまったらあかんのだ。
さっきの賤ヶ岳トンネルの上りよりこっちの方がはるかにしんどかったし、不安
やった。
ここからは国道の側道を走る。

sizu160908-8

道は間違い難いけど車がよこをビュンビュン走ってせわしないし、側道はそんな
に整備されてないんで尻がいたい。
頑張って先に進もう。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。