ミャンマー紀行、祈りと優しさに出会う旅-47、バガンとお別れ

NO IMAGE

途中からやや重くなり始めたペダルを漕いでホテルまで戻った。こんな具合に
自転車で回れるととても便利というのがようわかった。これからもチャンスが
あれば自転車を借りよう。ただし、電動アシストはよう考えて選択せんとあかん。
使い方に知恵が要りそうだ。

kaeri160817-1

さて自転車を返して街をぶらぶらしてみるよう。気になるお土産屋さんがある
のだ。昨日は木工細工の舟やったけど、まるっきりの観光土産だ。あれはあれで
ええんやけどホテルの近くに木彫りの専門店があったのを見ていた。ちょっと
冷やかしに行ってみよう。

kaeri160817-2

気になってたのはこの透し彫りの壁飾りだ。飛天なんか人魚姫なんかようわか
らんけど、アジアンな香りがしてるではないか。幾らって聞くと30ドルって
言う。20にしてよって言うと、話にならんと横を向く。ちょっと手強いなと
思いつつ、25にしてよって言うと嫌な顔をしつつも何とかなりそうな気配も
ある。いつものように25のままでがんばろう。28やら27やら向こうも頑張る
けど、これはとても上手な職人が作ったええもんやとかも言うけど、こっちも
がんばってとうとう25000チャットで手に入れた。約2500円だ。
スーツケースに突っ込んでホテルのロビーで迎えのタクシーを待つ。
バガンではなぜか公共交通機関で空港に行く方法がわからんかった。バスがある
そうやけど情報にたどりつかへんかった。ホテルの人もタクシー代が安いんで
ええやんかという態度だ。まあ20分ほどで着くらしいし、日本円で500円
ほどやからええとしょうか。
ロビーで居るとたまたま日本人の観光客の方が居られた。いろいろ話しをしてる
と同じ市内に住んでるらしい。こんなとこで出会うのは不思議なものだ。で、
両替の話になって、現地通貨が少なくなって困っているらしい。バガンでは日本円
からチャットに替えるのは難しそうだ。米ドルやったら簡単なんやけど。
で、わしは、クレジットでキャッシングしたら実は手数料が一番安くつくという
話を信じてて、そう言うたら一回やってみるという事になって、幸いホテルの
中にあった機械の前に。
ところがうまいこといかへん。練習やから小さい金額でやってたんやけど、何回
やっても出てこない。あんまりちゃんとしたメッセージも出えへんし、お金も
出えへん。ホテルの従業員に聞いたら、こっちを押さんとあかんという。それ
でもうまいこといかへん。わからんでごちゃごちゃやってるうちにタクシーの
迎えが来てしまった。手伝うつもりが中途半端で役に立たへんかった。
申し訳ない。
空港に着いたら、まだ閑散としている。ちょっと早すぎたかな?

kaeri160817-3

喫茶店もないし、売店もない。
航空会社の従業員もいてはれへん。表に出たり、中に入ったり、

kaeri160817-4

ここの空港の発着が朝と夕方に集中してるんは、朝来て夜帰る観光客ばっかり
やからなんやろか?
なんて意味のないことを考えたり、フリーWiFiが無いかと探ってみたり、
これやったら、もうちょっとATMの前で奮闘しとけばよかったって後悔したり、
そのうち、いくらでもあったはずの時間が少しずつなくなって、人も集まって
来た。
時間はいくらでもあるぞって余裕をかましてるうちに皆さんすでにチェックイン
カウンターに並んでいる。よう考えたら、わけわからんけど、来た時と一緒やと
したらここの飛行機は自由席だ。早く行かんとええ席がとられへん。急ごう。
しかし、飛行機まではバスやったんで意味なかった。

kaeri160817-5

ほぼ定刻通りと思いきやズルズルと30分くらい遅れてヤンゴンに出発。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。