九条のアジアめし、「アドゥマン」

NO IMAGE

「今日は開いてるやろなあ」、前に名前につられてお昼を食べに来た時は閉まってた。
「おかしいなあ」ビラに書いてある開店時間をすぎてたけどまだだった。
しばらくして又とおったら開いてたけど、もう遅い。食べたあとだ。
それで、ここに来るのは宿題にしておいた。
有る時友人と食事をする機会があって、その友人とはアジアの各地でアジアめしを
一緒に食った仲だから、
「ええとこあるで」と誘うことにした。
店は座敷だ。靴をぬいであがる。
店はアフリカ風にしたつもり?
料理はタイ風?ベトナム風?インド風?
名前通り怪しい店だ。こんな店大好きだ。
さて何食べよ、メニューを物色。
「先にアドゥマン焼と○○サラダ(名前忘れた)、トムヤム鍋下さい。足らんかったら
又、頼むから」
「パクチーは大丈夫ですか?」
「勿論。大好きやから、一杯入れて!!」
台風の味付けが基本のようだ。
あの甘酸っぱ辛い味がなつかしい。
アドゥマン焼というのは、鶏肉を甘酸っぱ辛くつけやきにしたもの。
サラダもさっぱりしているがやはり甘みと酸味と辛味がある。
やっぱりナンプラーのようなものが入っているのだろう風味もあって美味しい。
ビールを飲みながら機嫌よく食べていると、鍋が来た。
トムヤム鍋と言うくらいだからこれもタイ風味だろう。
しかり、えらい多いやないか。鍋から溢れそうや。
「こんなん、食べきられへん」
アジア話に花が咲いて、気が付いたらえらい満腹になっていた。
他の料理を頼む余地もなかった。
ここの怪しさは気に入ったなあ。又絶対来よう。

syoku100714-1 syoku100714-2 syoku100714-3

syoku100714-4

店名、「アドゥマン」
ジャンル アジアめし
住所 大阪市西区九条1-11-10
電話 090-6556-0141
営業時間 ランチ 11:30-16:00 ディナー 18:00-24:00
定休日 日、祝日
メニュー 日本語
言語 日本語

毎週水曜は食べ物に関する話です。