大阪城玉造口の跡

NO IMAGE

地下鉄1日乗り放題で600円という日がある。たまたまそういう日にぶつかった。
「ほんなら、今日はちょっと普段行かへんとこへ行ってみよう」と思いチケットを買った。
「さてどこへ行こう」
「玉造教会のあたり」が前から気になっていた。その後は鶴橋にいってキムチを買うのだ。
きょうは京都に画を習いに行く日だから、帰りは京橋で降りよう。
京橋から地下鉄だと鶴見緑地線に乗って「森の宮」降りたらよさそうだ。
ちょうど「森の宮」と「玉造」の間くらいなので歩いてそこそこありそうだ。
「大阪城が見える」公園にそって西に歩いてから途中で南にまがる。
今日は天気がいいし、暑い日なので汗がでる。公園に沿った道は大通りなので車が多くて
せわしない。左に曲がってからは人通りが殆どなくなった。
「そろそろかな」と思う頃、路の真ん中に森と言う程ではないが木立が固まっている所が
あった。祠と碑があるではないか。
「越中井」とある。細川忠興の屋敷跡らしい。細川ガラシャが壮絶な死に方をした場所だ。
「こういう史跡があったんか」
その少し先に玉造教会がある。ここもガラシャ夫人ゆかりの教会だと聞いている。
正面にはガラシャ夫人の像と高山右近像がある。
「なるほど」とそれなりに納得して、「森の宮」に戻るか、「玉造」まで歩くか。
どっちがちかいか微妙そうなので一旦戻る事にした。
「鶴橋」にはどういこう。「森の宮」でも中央線の入り口が一番近そうだ。
中央線で「谷町4丁目」まで乗る。それから谷町線に乗り換えて、「谷町9丁目」まで行く。
そこから千日前線にのると次が「鶴橋」だ。
もたもたしそうだが、結構ちゃっちゃと行ける。
鶴橋でいつもの店でキムチを買う。帰りの電車は気をつかう。
「やっぱり匂うやろなあ」
「すんません」と思いながら座って帰る。
帰りも千日前線で「難波」に行って、そこから御堂筋線だ。
とことん得したわけではないが、まあ楽しい一日だった。

siro100620-1 siro100620-2 siro100620-3