ダーウィンの旅プラスあじあを少し-29、バスでカンボジアとの国境へ

NO IMAGE

バスは農村地帯を走っている。
11時半に出発して、もう2時間以上経つ。まだトイレ休憩が一回もない。そう
いう売店やらガソリンスタンドみたいなとこもないからしょうがないんかも知
れんけどそろそろ我慢しにくくなってきた。いったい何時停まるんやろ?
ところでバスには運転手以外に、車掌というか乗り降り、チケットチェック、
集金、その他の為に若い男性が一人乗っている。彼がわしらに向かってそろそ
ろ国境に着くと言った。
その前に、カンボジアのテンポラリーなビザ発行の為に35ドル払ってある。
ネット情報では25ドルってあったんでぼられたんか値上がりしたんかそれは分
からん。日本で事前にやっても3000円はするから法外という程では無いと思う。
パスポートは彼が持っている。
いよいよ出国のイミグレに着いたようだ。

busb151023-1

あれって何のシンボルマークやろ?

busb151023-2

なんて見てる暇もなく、殆ど全員がトイレに走る。

busb151023-3

その後は皆さんどんどん勝手に進んで行く。わしらは、どうすんのやろ?
このあたりでお互いに不安なドイツ人の若者と日本人の爺さんたち2人が一緒
に行動するようになった。
車掌が書いてくれてた出国カードとパスポートを渡され手続き終わり。
そのまま歩いてカンボジア側へ行く。
もう誰もいない。又3人不安になって横をみると、車掌さんが一生懸命ビザの
手続きをしていた。わしらだけ時間掛かって申し訳ないけどしょうがない。
それをもらってイミグレ通過。
実に簡単だ。
でも、うかつに写真を撮ってたら係官に見とがめられた。「見せろ」と言う。
「消せ」と言う。慌てて消し方わからんかったら、貸せと言って消してくれた。

busb151023-4

バスは既にカンボジア側で待っている。
バスに行くまでの道路でいろいろ売っている。腹は減ったけどあのバナナ、も
う騙されへんぞ。

busb151023-5

バスに乗り込んで、さあ出発。
国境を越えたら景色は激変。

busb151023-6

というわけではない。相変わらず、紛れもない東南アジア。のんびりしてる。
国境を越えたら余計、途中乗車が多なったんちゃうやろか?
彼らはいったい何語で喋ってるんやろ。
ベトナム語もカンボジア語も意識せんと使い分けてんのとちゃうやろか?
もう14時半ちかい。腹減ったなあ。
と思う頃、車掌さんがわしらに向かって、飯を食うジェスチャーをした。
そろそろ昼飯休憩らしい。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。