貴州の旅ー26

NO IMAGE

貴陽空港へ
ここから貴陽までは約170kmだという。高速道路だから3時間はかからないだろう。
「ロウケツ染めの工場に行きたい」
「途中、どこでも良いから都合のいいところで寄って」
旅行の最初から言い続けていた。
「それでは、安順というところに帰りに寄りましょう」
ということになった。安順は黄果樹市と貴陽の丁度中間位だ。
貴州は藍染、ろうけつ染めが盛んな土地だと聞いている。是非作っているところを見たい
ものだと思っていた。
孔雀はもういいからちゃっちゃと行こう。
順調に高速道路を飛ばして安順市に着いた。
市内に入ると渋滞している。
ちょっといらいらするが中々前に進まない。良く見ると、辻々に屋台店が出ている。
ゆっくり来たら面白い街かもしれない。
「やっと着いた」と言うが、様子がおかしい。どうみても閉まっている。
「今日は日曜やから閉まってんのか」
しょうがない。どうしようかと思いながら
「工場で作るところが見れんでも、買うだけでもええよ」と言って見たら、
「そんなら、あそこに行こう」
結局、大きな土産物店に連れて行かれた。他の土産物も沢山おいてあるが、ロウケツ染
は大きな部屋の半分程を占めている。
本当は、田舎の家内工場みたいなところに行って、裏庭で染めているところを見たかったし、
そんな処で作った天然素材のモノを買いたかったがしようがない。
ここのは、蝋で下絵の絵付けをするということで絵画的なものが多かった。やはり値段は
高いめだ。私は布地を少し買った。風呂敷のようなものは、手縫いで模様の篝縫いをして
あって、なかなかいいものだと思う。
またいつか詳しく紹介しよう。
買うものをかったら空港に行くだけだ。
貴陽空港は街から近い。貴陽に着いたらすぐ空港だった。