タイ、北部、ミャンマー国境の旅-10、山岳民族リス族の村へ

NO IMAGE

この日の予定は、タイ北部、チェンライやメーサイなど国境付近に向かう前に
一旦西の方に向かい、そちら側のミャンマーとの国境あたりを移動しながら、
少数民族の村などに寄っていくという事だった。
リス族やら、アカ族やらラフ族やらという事やけど何が何やらよう分からへん。
タイやミャンマー、ラオス、カンボジア、中国等々、山奥で国境を接する国々
の広範囲にわたっていろんな少数民族が暮らしているらしい。
と言うか、元々彼らが暮らしていた地域にあとで国境線が引かれたのだ。
最初に行ったのはリス族の村だったらしい。

lisu141221-1

柔らかい緑に包まれた、静かな村だ。

lisu141221-2

村の入り口に何やら妖しげな祭壇のような? 何やろ?

lisu141221-3

農家のおばちゃんが何か葉っぱの手入れをしてはる。

lisu141221-4

まさかアヘンとかとちゃうわなあ。
この村は昔はアヘンの取引を行うとこやったらしい。
現役の修行の寺らしい。

lisu141221-5

神仏混合の空気が漂う。
かれらもいつか食われるのか?

lisu141221-6

密かに文明の利器も。

lisu141221-7

しかし、あたりにあんまり人影が見えへん。ひっそりした村だ。
村の中に入って行くと、妖しい家があって、

lisu141221-8

中にはアヘン取引時代の小道具が展示してある。
観光用なのだ。

lisu141221-9

民族服を着たおばちゃんが来ていろいろ説明してくれようとする。
おっちゃんは知らん顔してる。
おばちゃんはついでに何か土産を売ろうとする。
しかし、すぐにあきらめる。
村の奥の方に入っていく。

lisu141221-10

豚の親子が居てる。

lisu141221-11

かわいい。
これは修理屋さんか?

lisu141221-12

すごいなあ。これで直るんかいな。
ロッジやって?

lisu141221-13

まさかこれとちゃうわなあ。

lisu141221-14

こんなとこでグリーンツーリズムやってたらええなあって思う。
多分そういうことをやってる村のような気がした。
でも出稼ぎに行かんと暮らされへんとこなんやろなあ。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。