マレーシア、インドネシアの旅29-フランシスコ・ザビエル教会

NO IMAGE

丘の上から街の方を眺めるとちょっと変わった教会の塔が見えた。ゴシック風
というのか細長い円錐形の塔だ。地図で見るとどうもセント・フランシス・ザ
ビエル教会らしい。ちょうどザビエルはんに会うたばっかりや、あの教会へ行
って見よう。

zabi140809-1

丘を挟んでサンチャゴ砦の丁度反対側やさかい、麓を回り込んだらすぐ行ける
と思たんがえらい間違いやった。行けども行けども迂回する道が見つからへん。
結局学校のあるあたりを大回りしてやっと反対側に辿りついた。

zabi140809-2

因みにこの学校って結構有名校なんやろか、歴史的な由来を示す看板があったり、

zabi140809-3

父母が玄関さきまで一杯迎えにやってきて群がっている。しかも皆さん高級車
に乗ってきてるから有名校で生徒はええとこの子たちなんやろなあ。

zabi140809-4

そっからまだ幾つか路地を抜けて

zabi140809-5

その路地って結構ええ感じやったんやけど、

zabi140809-6

やっと目指す教会に着いた。

zabi140809-7

とても大きくてクラシックな外観だ。一八四九年にフランス人が建てたそうや
けどザビエルとどんな関係があったんやろう。教会前にはザビエルの像と不思
議な事に日本人の像がある。

zabi140809-8

ザビエルを日本から迎えに来た弥次郎の像だ。
そのへんの由来も書いてあるみたいだ。

zabi140809-9

ザビエルはともかくこんなところで日本人の像に出会うと、あんな時代であっ
ても外に向かって行動してた人
が居てたとわかって何故か嬉しい。ステンドグラスが美しい教会の中を覗き込
むと沢山の人が椅子に座って何かを待っている風であった。

zabi140809-10

わしらの横からも人が入っていく。牧師さんのお説教でも始まるんかなって外
から覗いていたら、正面奥の祭壇のあたりで何かが始まった。左手の方からま
ず兵士たちが出てきて、続いて十字架を担いだ裸の男が。これって勿論キリス
ト受難劇の一場面なんやろねえ。通りすがりのトゥドゥンを頭に巻いた女性も
気になるようやけどわしらは異教徒なんで外からちらっと覗かしてもらお。
今尚イエズス会の強烈な布教活動の名残があるんやろか。ここまでかなり歩い
たんでお腹が空いてきた。


より大きな地図で マラッカ遊 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。