蘇州古園の旅ー5

NO IMAGE

昼飯、晩飯
いくらでも居ていたいが、ほどほどに打ち切って昼飯にしないと午後の用事に間に合わない。
「麺でも食うか」ということで近くを探す。
「確かこの辺に」と行ってみた店はやはり春節でしまっている。
「まあ、これでもええか」とその近くの中国料理ファーストフード風の店に入った。
えらく満員だ。満員店の常識か、席の無い人は食事が終わりそうな人を物色して
その横に立って待つみたいだ。うろうろしていたら老師が食券を買い終わってきて
「上海はまかしとけ」と言いながらちゃっちゃと席を見つけてしまった。
麺と生煎、饅頭を焼いたようなモノだ。うまいけどちょっと脂っこい。
元気だけもらってお腹は一杯だ。

 

 
それで、老師について昼の用事を済ませると、老師は
「先の蘇州に帰っとくわ」ということになった。やはり春節でなにかと不便な上海より
故郷の方が落ち着くのだろう。私はそんなに急に舵をきれないから、予定通り明日蘇州に
向かう事にした。
これで晩飯は、妥協なく辛い物を食べる事ができる。
それでは、今のところ一番気に入っている、「黒三娘」に行こう。
この表の感じがいい。昔の中国の田舎の居酒屋に入って行くみたいだ。

L1030436-.jpg

ビールを頼むとまず出て来るこの豆がおいしい。癖になる味だ。

L1030438-.jpg

いつもの折耳根、辛くてこれが大好き。

L1030439-.jpg

今日はちょっと違うものを頼んでみようと、貝の一種だ。田螺のようなもの?
つまようじでほじくって食べる。おいしいけどいじいじしてくる。
内臓は食べんほうがええやろなあ。

L1030440-.jpg

メインの水煮魚。これは外せない。辛い。美味い。

L1030441-.jpg

インゲン豆も初めて頼んでみた。うまい。

L1030442-.jpg

烏賊と蝦と野菜の唐辛子炒めみたいなの。これも好きな料理だ。

L1030443-.jpg

店名 黒三娘仙霞店
ジャンル 四川料理
住所 上海市长宁区安龙路515号
電話 21-62421177
営業時間 9:00-
定休日 なし
メニュー 中国語
言語 中国語