マレーシア、インドネシアの旅08-イポーからバターワースへ

NO IMAGE

イポーの駅に着いた。

ipoh140527-1

コロニアル風のなかなか雰囲気のある駅舎だ。

ipoh140527-2

今回はここでゆっくりしてる時間がない。できたら早くペナンまで行っときたい。
どやって? 確か駅前にインフォメーションセンターがあったはず。しかし、
少しうろついてもなかなか見当たらへん。よう考えたら、バスターミナルへは
どうせタクシーで行かんとしゃあないはずや。近くにはないはずやし、多分、
ネットで乗ってた情報の場所から変わってるはずや。それやったらタクシー乗
り場へ行ったほうが早いやん。
ぼられんのが嫌やから正規のタクシー乗り場に急ぐ。
「バスターミナルに行きたいねん」、「何処まで行きたいんや。」
「バターワースちゅうとこやけど」、「ほんなら○○やなあ」、ちゃんとして
くれそうやんかと安心して乗る。
「メータないけど、値段交渉か?」、「大丈夫、大丈夫」、あんまり大丈夫や
なさそうや。けど降りたら他に方法が思いあたらへん。
「どっからきたん?」、向こうはご機嫌だ。「イポーって何もない街やからなあ」
とか言うてる。
「バターワースまでバスでどれくらい?」って聞くと、「2時間くらいかなあ」
って返事。しかし、バスターミナルはかなり通り。とうとう高速道路を走り始
めた。
「ペナンまでバスで行ったら3時間ほどかかるけど、タクシーやったら2時間で
行けるよ」って言い出した。さっきバスで2時間言うたやん。ややこしやつや
なあ。「わしらはバスターミナルへ行くんや」ってきつく言う。
「わかってる、わかってる」って笑ってる。
やっとバスターミナルに着いた。
「The New Amanjaya Integrated Bus Terminal」と言うところだ。
従来情報と違うから注意しよう。
「いくら?」って聞くと、40rmって言う。えらい高いぼられたと思う。
法外やって喧嘩せんなんほどではないのが敵のうまいとこなんでまあ我慢しと
こう。
さすが大きなバスターミナルだ。それに新しい。ぴかぴかや。

ipoh140527-3

チケット売り場が一杯ある。どうしてええかさっぱりわからんけど、売り場に
近寄ったら、「こっち、こっち」とか「どこまでや」とかあちこちから猛烈に
声がかかる。どないせえちゅうんや。
わからんからインフォメーションらしきとこに行った。
「どこまで?」、「バターワース」、「何時?」、「今」
これがキーワードらしい。いろんなバス会社が行き先と時間をずらしてここで
運行してるらしい。それで、希望にあうバスを決めるみたいだ。他に何か選択
基準があるんかどうかは全くわからん。
とにかく「△△番に行け」と言うのを聞いてその窓口に急ぐ。
チケットは一人20rm。えらい安い。
バス乗り場はあっちやと言う。
すぐ出るから急げと言う。

ipoh140527-4

これでバターワースへ行ける。レッツゴーや。


より大きな地図で イポーからペナンへ を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。