タイ、カンボジア、アジアの原風景と街角に触れる旅ー10、プレー県観光1

NO IMAGE

今日も一日頑張ろうと言っても観光の車に乗るだけやから何もがんばることは
あらへんけど気持ちは前向きだ。
前向きではあるが、今日の観光は一般の定型ツアーやからあまり特別なものは
期待できへんかもしれない。
さて、車は今日は南東方向に向かう。ずっーーと行ったらラオスとの国境まで
行ってしまう。そう言えばルアンパバーン行きのバスもあるそうだ。ルアンパ
バーンで出会った妖しいトルコ人はチェンマイに住んでると言うてたけど、今
から思えばきっとバスで来たのだ。こっから、簡単に行けるやんと思ってしま
った。地球は意外と狭いのだ。
今日はおしきせツアーやから他の人との混載になるのかと思ってたら、他の客
はいないらしく又もやわしらだけの旅になった。
2時間ほども走るとあたりは農村になってきた。
アジアの原風景的な田畑の風景が広がる。

pure131015-1

牛を使ってるところもあるが、機械を使ってるところが多いようだ。
さて、最初の目的地バーン・プラタップチャイハウスと言う所に着いた。地方
のお金持だった家が博物館になっているのだそうだ。

pure131015-2

おっと、幸せそうな画やんか。インドで見た、歓喜仏の仏教画と同じ思想のも
んなんやろか。わしにも歓喜が訪れるように拝んでおこう。

pure131015-3

それにしても豪華なお家なんやね。

pure131015-4

可憐な花もあり。

pure131015-5

でそうそうに退散して、
次は元プレー統治主の邸宅、ウォンブリー・ハウスと言うんだそうだ。

pure131015-6

何となく欧米貴族好み風やね。
しかし、さりげなく地面に転がってるかのような彫り物、これすごいね。

pure131015-7

家の中も風情ありやね。
このラジオええやんか。

pure131015-8

こんな絵柄、わりと好きなんやわ。

pure131015-9

やっぱり南国やね。

pure131015-10

可憐な花もあり。

pure131015-11

でここもそうそうに退散して次に向かう。


より大きな地図で プレー県へ を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。