インド、ダージリン、シッキム遊-45、さらばデリー

NO IMAGE

さて、地下鉄に乗って、キャロルバックの駅まで戻ってきた。
実はガイドブックを見てたら、キャロルバックの駅の近くにも有名なレストラ
ンがあるそうなのだ。しかも駅の近くだ。最後はそこでインドの有終の美を飾
ろうではないかと思ったのだ。最後は地下鉄をイエローラインからブルーライ
ンに乗り換えてホテルのある、キャロルバックに着いた。レストランは駅の近
くにあるはず。
しかし、駅の近くがこんなに賑やかなとこやとは知らんかった。

owari130918-1

ちょっとした通りがあって後は何もないと思とったけど、えらい違いや。

owari130918-2

ちょっとしたバザールになってるやないか。

それにしてもレストランは全くわからへん。しかたないから聞きもって歩く。
大分遠いみたいや。何人にも聞いて、だんだん近寄ってきた。
どうもここらしい。

owari130918-3

「やった。やっと見つけた。」と思いながらも悪い予感が。
やっぱり閉まってた。と言うより、時間が早すぎてまだ開店してないみたいだ。
今で18時頃。他に店を探してみるが、全くそういう雰囲気がない。
それやったらもうホテルに帰らんとあかん。焦って歩き始めるけど、中をぐる
ぐるしたんで今度はホテルの方角すらわからん。近いはずやのにと焦る。
雨も降ってきた。よけい焦る。
その時、オートリクシャのおっちゃんがやってきた。「どこへ行くんや?」と
言う。ホテルの名刺を見せると、「近くやで。そこ行って、あそこまがって、そ
の先や」と言うような事をいう。言いながら、「10ルビーでどや?」とも言っ
てくる。ついくせで、「いらん、いらん」と手を振って、あとちょっとやから歩
こと、歩き始めたけど、ここで、ふと考えた。10ルビーって20円ほどやんか。
そんなんで行けるんやったら絶対乗せてもらうべきやんか。
あわてておっちゃんを呼び戻して、乗せて貰った。
ほんますぐに着いた。えらい楽やった。
降りる時、「10ルビーやったな」と言うたら、「1人10ルビーやで」と言う。
「アホか」と言いながら10ルビー渡してさよならした。向こうも、「ありがとう」
って言ってるから、まあ言うてみただけやろ。
しかし、迎えてくれたドアマンにも10ルビーチップやらんとあかんのだ。
さて、これで予定は総て終わった。結構泥道を歩いたんで足がどろどろや。
シャワーを浴びて着替えしてさっぱりできるのがうれしい。レイトチェックアウト
にしといてよかった。
晩飯は、しかたないから又、ホテルのカレーを食おう。
20時になったら、迎えが来た。昨日のやつだ。当然今日の送迎のチップは少ない。
運転手と100ルビーずつあげた。相場は750-1000ルビーって言うけど、昨日の事が
あるからしゃあないのだ。


より大きな地図で デリー散策 を表示

後はデリー→香港→関空と帰るだけ。
インド、ダージリン、シッキムの旅の話はこれにておしまいだ。
皆さん長い間有難うございました。

次ぎはタイのチェンマイ、バンコク、カンボジアのアンコール遺跡に行ったので、
その旅の話をしたいと思います。よかったら又ご愛読下さい。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。