インド、ダージリン、シッキム遊-37、デリー到着

NO IMAGE

人が集まってもあんまり騒がへんし、やかましないから気がつかなかったけど、
やっぱりインドって人が多い。ローカル空港でもいつの間にか一杯だ。

kaeri130903-1

来たときと同じように満員で出発だ。そしてやっぱり、来た時の便でもあって
その時のブログにも書いたように、体調を崩す女性がいる。酸素ボンベの登場
だ。やっぱり食いもんのカロリーがあまりにも高すぎるんちゃうやろか?
皆さん平気やからよくある話なんやろ。わしらは経験ないから、こんなんで又
飛行機引き返さへんやろかとか心配になるやんか。
結局は一時間ほど送れてデリーに着いた。外は雨だ。
やれやれやっと着いた。ホテルでゆっくりしょうと思いながら出口に向かって
いたら、空港内が水浸しだ。靴が漬かるくらいのところもある。これって丁度
インドで大洪水があった頃の話だ。テレビでも洪水のニュースをやったいた。
山岳地方であんな雨やから、こっちでもえらい降ってるんやろ。
水の上をつんつん歩きながら迎えの車に乗る。
さすがにチップ目当てのポーターさんもいない。
車に乗っても雨の中だ。心細い。

kaeri130903-2

と思てたら、途中から道路も冠水して大変だ。立ち往生する車も出始めた。こ
っちもストップしてしもたらどうしよう。
何とか時間をかけながらもホテルについたけど雨はごうごう降っている。
さて、心配なのは明日の事だ。
明日はデリーで一日自由時間だ。夜の帰国のピックアップ時間まで、十分時間
がある。幸い地下鉄の駅がホテルの近くにあるはずだ。
これでデリー市内の観光地まで行って、いろいろ見物しようと思っていた。と
ころがこの雨だ。行けるかどうかわからんし、行っても途中から這う這うの体
で逃げて帰って来なあかんかもしれん。そうなったら、チェックアウトは12時、
空港ピックアップは20時頃だ。最悪、チェックアウトしても行くとこなくて、
ホテルの狭いロビーでずっと待っとかんとあかんかもしれん。
どうしよう。
それでお金を払ってチェックアウトを伸ばしてもらおうと思った。
最初は自分でホテルと交渉するつもりだったけど、ホテルはツアー会社を通し
てとってるんでガイドに言ってみようかと気が変わった。
あんまり態度のよくないガイドやったんで気が進まんかったけどしょうがない。
早速聞きに言ってくれて、2500ルビー(約5000円)と言う。
それでええよと言うと、何か電話で話ししてる。会社に報告したようだ。
それで、やっぱりダメだと言う。(かなりあやしい)
75US$だせばいけるという。(会社を通せということなんやね。)
「アホかいなそんなん論外や。」と断った。
しゃあない自分らで何とかせなあかん。
それで他に話をしてたら、又、席を外してホテルのフロントへ行きよった。
こんどは3000ルビーでどやと言う。
こいつ小遣いかせぎしよったなと思たけどまあそれくらいならええとしょう。
個人で交渉してもうまい事行くかどうかわからんし。
その代わり、明日送って貰う時チップちょっとしかやらへんからな。
そんなこんなで長い一日がやっと終わった。
晩飯はホテルの飯だ。
マサラカレーと

kaeri130903-3

チャパティと

kaeri130903-4

ビール。やれやれ。明日雨降ってもなんとかいける。


より大きな地図で デリーのホテル を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。