インド、ダージリン、シッキム遊-32、端倪すべからざる狛犬と婆さん

NO IMAGE

この旅はお寺めぐりの旅でもあった。チベット仏教は興味があるんで、それも
また良しとしよう。グムの駅を出たらグームゴンパに向かう。グムとグームは
違うのか同じなんかようわからんけどどっちでもいい。いきなり細い道をぐっ
と曲がって村の中を通り抜けていく。
着いたところに鄙びたと言っては失礼かもしれんけど、地味で瀟洒な寺院があ
った。

tera130825-1

寺院の前の広場には誰も居いへん。
いつの間にか空はカラリと晴れて、暑い。あたりは閑散としてはいるが少々ピ
リリとした空気が流れているような気がする。と思おうとしたら、玄関先に暇
そうな犬がどてっと寝ている。

tera130825-2

わしも一緒に昼寝したい。
もう少し近寄ると、門番の狛犬君たちがなかなかええ感じだ。

tera130825-3

優しそうで、愛嬌がありそうで、もうちょっと奥が深そう。
なかなか端倪すべからざるやつらであるのかもしれない。

tera130825-4

口の中には亀さんが住んでいる?

tera130825-5

屋根にも面白そうな動物達が一杯居る。

tera130825-6

こんなやつも。

tera130825-7

建物は大分古びているけど、完全な状態では、タイスラズリの青い色が印象的な
妖しくも美しい建物だったんやと想像できる。
誰もいいへんから勝手に中に入ろうと思うころ、坊さんがやってきた。
坊さんは普通だ。
入り口に中を撮影する場合は10ルビーって書いてある。
げんくそ悪いさかい写真とらんかった。
本尊さんも極彩色の金ぴかではあるが、穏やかな優しい顔をされている。
お目目ぱっちりでちょっぴりふくよかな、この辺の街を歩いている美しいお嬢
さんを見るようだ。
後は屋上に上がって景色を見るくらいしかすることがない。
ここも現役の修行の寺なのだ。観光客を楽しませるようにはできていない。
表に出ると、婆さんが向こうからやってきた。
ごく普通の婆さんのようだが、背中がピシッとしててすすすっとすべるように
歩く。しかめた顔に静かな存在感がある。
こちらも端倪すべからざる方なのかもしれない。


より大きな地図で グームゴンパ を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。