22年使った皮のアタッシュケース

NO IMAGE

初めての海外旅行はシンガポールだ。多分22年前の事だ。
オーチャードロードのあるブランド店で。なかなか良いアタッシュケースがある
のを見つけた。しかし、いろいろ買い物したあとだったので現金がちょっと足りない。
カードでもいいが、現金なら割引をするという。ホテルまで帰ったらお金はあるが
それも面倒だ。有り金を全部だして後は値段交渉。なんとか粘って買う事ができた。
頑張ったので疲れたし腹がすいた。
「何か食べたいね」と思うが、「お金ないもんね」と言うと、
家人が、「有り金全部だすといいながら、これだけ除けといた」と言いだした。
さすがしっかりしてる。
それで、「ちょうどええとこあるやん」と目に付いたマグドを見つけて入った。
こういう時世界統一ファーストフード店は安心で便利だと思った。
今ならもっといろいろ賢い選択肢はあると思うけど、なにしろ始めての海外旅行
だからしょうがない。
それ以来、ずっとこのアタッシュケースを使い続けている。
毎日仕事にというわけではないが、旅行で使う事が多かった。
特に一時期、海外出張が多かったのでいつも持って行ったものだ。
当座のものをざっと入れるのに非常に便利だし、大きさが丁度好い。
一泊くらいのビジネス旅行にも丁度良い大きさなのだ。
さすがに22年使うと、かなり傷んできたが、今となってはそれも良い味になったと言える。
交換したのは、ハンドル部分くらいで後は買った時のままだ。
一番気に入っているのは、掛金を開く時の音だ。
「パチン」という音が気持ち良い。
この音がする間はこの鞄を使っていようと思う。

kaban091005-1  kaban091005-2

LOEWE
皮のアタッシュケース
内側はスウェード貼
サイズ 420x310x75mm

毎週月曜はこだわりのモノの話です。