台湾列車で、ほぼ一周の旅ー33、瑞芳駅前で鳳腿を食う

NO IMAGE

タクシーでするりと瑞芳駅に着いた。まず列車のチケットを買ってしまう。帰
りの便は少ない。自強号で帰っても各停で帰っても同じくらいになりそう。そ
れなら自強号で帰ることにしよう。そうなるとかなり時間があまる。

駅前の商店街をうろつくことにしよう。ずずっと奥まで行ったら市場のような
ところであった
ドアを入るとえらい沸き立ってるやんか。

それも食いモン屋さんが多い。
まだ昼飯には早い時間やのに食ってる、食ってる。

わしらも、とは思わんでもないけど時間も早いし、今日はもうちょっとええモ
ン食いたいんで台北に戻ってからにしよう。しかし美味そうやなあ。
こういう賑わいは好きやなあ、元気をもらえる。
それでまあぶらぶらと回って、表にでたら、えらい道の真ん中にでかい車がデ
ンと居座ってて、駐車違反のチェックをされてるやんか。こんなとこにえらい
あつかましい奴っちゃなあと思うけど、このあつかましさってもしかしたらそ
っちの筋の人なんかなあ。こんなとこにも居てはんのやろか。

それはどうでもいいけど、通りを戻ってたらええ匂いがする。
屋台のおっちゃんがなんか揚げてんのやわ。じゅうじゅうええ音もする。それ
も同じようなんが2軒も3軒もある。看板を見ると「鳳腿」ちゅうような事を
書いてある。その横に、台北のグルメ情報誌やろか、そういうのに載った切抜
きをべたべたと貼ってある。テレビ番組の写真もある。台北でもこういう番組
ははやってんやなあ。

ほんならちょっとだけ味見してみたいやんか。
おっちゃん1本ずつ頂戴。

おいしい。鳳腿と言うんは鶏肉をつみれにして豚肉で巻いて揚げてるみたいや。
なるほど、鳳というのは鶏のことなんか。
外はかりっと香ばしくて、中は柔らかい。熱々でジューシーだ。
ちょっと虫押さえにぱくっと行くにはええもんだ。
さていろいろ楽しんでるうちに自強号の出発時間が来た。

ゆったりして楽ちん、楽ちん。
すんなり台北へと思いきや、ちょっとへまをしてしまった。
台北に着く直前に松山機場という駅に止まった。確かMTRにも松山機場と言う
駅があったはずやんか。ほんならここで降りてMTRに乗り換えたらMTRで移動
できて便利やんかと言う考えがひらめいた。それでちゃっちゃと降りて、構内
を探すがそんな気配は全くない。全く違う場所にある駅なのだ。
しゃあない。又あわてて各停のチケットを買いなおして乗り直す。
どたばたとどじをしながらやっと台北まで戻った。
腹減ったなあ。


より大きな地図で 瑞芳駅、九份 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。