台湾列車で、ほぼ一周の旅ー32、九份から戻る

NO IMAGE

さて、これで九份が終わりやとちと寂しい。観光の場所でなくてもええんでも
うすこしまわってみよう。下を見下ろすと景色がいい。じっくり見てるとええ
感じだ。

海の方の向くと遥か先に基隆の港が見える。遠めに見ても船の出入りがわかる。
今も現役の港街だ。昔はここから沖縄に船で行けたそうだ。今は船会社が潰れ
てしまったと聞いた。残念。こういうルートがあるんなら船で来てみたかった。
九份の街はこんな風に斜面にはりついた街なのだ。

そやからどこへ行くにも坂と階段を登ったり降りたり。神戸や長崎みたいな感
じなんやね。

結構ひっつきあっている。ちょっと離れたら緑の野原や自然がいっぱいあるの
にこんなにひっつきあわんでもええんちゃうとおもうけど、まあええか。

曲がり角にくるとその先になにがあるか楽しみだ。

こんなとこも面白い。
ひとしきり歩き回ってたら、もう殆ど行くところがない。上に昇って帰ろう。
それにしても人が多い。観光バスがどんどん来ている。

さっきまだ開いてなかった土産物屋街だ。今はもう人がぎっしり。
にぎやかで楽しいけど買うものはないなあ。
それでバス停まで出た。びっくりした。まだ午前中やちゅうのに、帰りのバス
の行列がえらい並んでいる。これは一回では乗られへんやろ。長く待って立っ
て行くんやったらつらいなあと思った。
ちょっと先まで歩くと、タクシーが何台もうろうろして客を探している。聞い
てみると駅までは180NTで行くそうだ。500円強か。3人いるからそれなら安い
もんやないか。楽して帰ろう。
道々運転手がごきげんで色々説明してくれる。その時は成るほど、ふんふんて
聞いてたけど、もうすっかり忘れてしまった。折角親切にしてくれたのにごめ
んやで。
1000NT+アルファ出せば台北まで行ってやると言い出したけどそれはお断りし
た。列車にのる楽しみもおいとかんとあかん。
タクシーやと20分くらいで着いてしまった。えらい近かったんやねえ。


より大きな地図で 瑞芳駅、九份 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。