台湾列車で、ほぼ一周の旅ー26、花蓮で包子を頂く

NO IMAGE

お茶屋さんでわいわいぺちゃぺちゃと楽しいお喋りタイムを過ごしたが朝が早
かったんで少々小腹がすいてきた。昼飯には未だ早いが何かちょっと食べたい。
花蓮と言えば「葱油餅」が有名で美味しいと聞いた事がある。要するにメリケ
ン粉をクレープみたいに平たく丸く伸ばしてその上に葱やら卵やらを載せて焼
くやつやと思う。上海なんかでよく食べたようなやつだ。きっとおいしいはず
だ。お茶屋さんで店の場所を聞くと快く教えてくれた。が、ちょっと考えてこ
の時間やったらまだ開いてないよと言う。開くまで待ってたら列車に乗り遅れ
る。しゃあない。他にどっかおいしいとこない?と聞くと、包子屋さんが近く
にあると教えてくれた。そこに行こう。
もう店が開いている。えらい賑わいだ。次々と人が入っては出て入れ替わって
いる。これはきっとおいしいで。

店の名前は「公正包子店」、確か来るときにバスの上から見たのも同じ名前だ
った。街の中にいくつかある有名店なんやろ。

昼すぎに乗る列車では駅弁を試してみたいんで、本格的に食うわけにはいかん
と言う事情がある。事情は作戦としてあるんやけど目の前にあるやつが美味そ
うだ。とりあえず小龍包と蒸餃というやつを頼もう。

あくまでも軽-く、みんなでわけて。
周りを見てると、店員が忙しく包んでは蒸篭に積み上げて蒸している。
蒸しあがったやつがつぎつぎと運ばれてくる。
忙しそうだ。この忙しさが美味しさをそそるのだ。
小龍包がきた。

ふんわりとして中はジューシーだ。
ふーふー食べる。熱々でおいしい。
蒸餃も来た。

これもおいしい。
時間があったらもっと一杯食べたい。
酸辣湯とかもうまそうやなあ。
特別と言うわけではないが普通においしい。
せわしなさがええ感じだ。
おっと隣の店もうまそうやんか。

店名 「公正包子店」
ジャンル 小龍包、蒸餃子など
住所 970 台湾 花蓮縣花蓮市中山路199之2號
電話 +886 3 834 2933
営業時間 24時間らしい?
定休日 不明
メニュー 壁メニュー 台湾語
言語 台湾語(中国語)


より大きな地図で 花蓮ぶらぶら を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。