台湾列車で、ほぼ一周の旅ー17、台南から台東に向かう

NO IMAGE

さて、いよいよ台東に向かう。心せわしく駅に向かったら少々と言うか、かなり
早い目に着いてしまった。列車が出るまでにはかなり時間がある。駅中をうろう
ろしてしまおう。

チケット売り場はどこも同じ感じだ。わしらは事前にチケットを手配して貰って
あったから安心だが、台南から東に回る列車のチケットは取り難いようやから行
く人は注意しよう。

駅には大きな電光掲示板が出ているんで安心だ。遅れは殆どないようやから運行
管理もしっかりしているのだろう。

朝早いけど売店ももう開き始めている。

おっ証明写真撮る機械やんか。日本で居てるんと殆ど変わらへん気分やね。

なんだかんだしてるうちに時間がきた。
ホームで待ってると列車がやってきた。在来線特急?呂光号がやってきた。
自強号が特急で呂光号が急行やったかな?まあええけど。

中はこんな感じ、結構ゆったりしてる。
いきなりどどどって入ってきてほぼ満員になってしまった。
列車は順調に進む。

日本の岡山ちゃうで。

停まる度に降りる人もいるが乗ってくる人も多い。指定席のはずやけど、あま
り気にしないで空いた席に座って、その席に人が来たら立ち上がる。そういう
事をあたりまえのようにやっていて、年少の学生さんなんかが立ってたら荷物
置きになってるところに、「ここに座れ」と読んだりしてる。知らない人同士
が和気藹々みたいにやってるのを見てたら人間性に余裕を感じてしまう。
ええ国やね。
車内の弁当売りが回ってきた。隣に座った若者が一つ買った。
まだ朝早いというのに早速食べ始めた。
うまそうやんか、写真とりたかったけどさすがに気がひける。
何か視線を感じていややったんか、その若者はデッキまで行って立って食べ始
めた。
悪いことしたなあ。
ごめんな。
列車は高雄も過ぎてどんどん走る。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。