台湾列車で、ほぼ一周の旅ー08、鹿港、摸乳巷

NO IMAGE

この町、古いようで新しい、新しいようでかなり古い。歴史的な保存と言う程
の昔ではないけど出来たときからそれなりに残っている、そういう古さだ。も
ちろん古いものはどんどんと入れ替わってるけどその隙間で残っていくものも
ある。そういう雑然としたものが多くある中規模の港町だ。どっちかと言うと
堺の街ににていなくもない。
それでまあ、標識をたよりに路地をぐるぐると歩く。
どこへ行ってもさっきの学生たちがいる。向こうからしたら外国から来た年寄
りのへんなやつらば周りをうろうろして胡散臭いなと思てるやろ。
摸乳巷と言うところについた。

これが摸乳巷と書いた看板がなかったら気いつかへんやろ。
言うてみりゃごく普通の路地と何も変わらへん。

しかし、ここをこう名づけて観光名所にしたのはえらい。強引でもなんでもえ
えアイデアではないか。

そう思てみれば赤いレンガの路地はなかなか味があるように見えてくる。

近くの建物も、わざとやない朽ち果てかたをしてて、ええ味になりそうな気配
は濃厚ではないやろか。

街角にこんな祠があるのもええやんか。

それで大体地の利がわかってきてるんで、一旦バスをおりた鹿港車站の辺り迄
戻ろう。その近くに有名な包子屋さんがあるらしい。

この車站も面白そうやから中に入ってみたいけど残念ながら今日は休みのよう
だ。それならその阿振肉包店というとこに行ってみよう。
確かこのへんと思ったところにない。聞いてみたらもうちょい先だと言う。
やっとあった。

やっぱり人気店らしく人の出入りが激しい。
みなさん、しっかりしたパッケージの紙箱入りをどんどん買って帰ってる。
行儀悪いけど、わしらは食いながら歩きたい。
一個ずつ袋に入れてと頼んだら快くそうしてくれた。

ここのは形が変わってる。所謂饅頭型ではなくて蒸しパンのような長方形に近
くて一見すると肉餡が入ってる感じではない。
一口かぶるとじゅるっとお汁がほとばしる。とてもおいしい。
何か癖になりそうなスパイスが入ってる感じがする。このぴりぴり感がなかな
かええ味なのだ。
一個50NT、安くはないが高くもない。

店名 「阿振肉包店」
ジャンル 包子屋
住所 台湾彰化県鹿港鎮中山路71号
電話 04-777-2754
営業時間 9:00-19:00
定休日 無休
メニュー 店頭貼紙(台湾語)
言語 台湾語


より大きな地図で 鹿港、龍山寺 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。