大阪、阿波座、「楽天食堂」

NO IMAGE

私のブログを見た人から、最近再開した店で美味しい店がありますよって教えて貰った店だ。
その頃は杭州に留学中だったので、帰ったら早速行こうと思っていた。
場所は阿波座かと簡単に考えて地下鉄を本町で乗り換え中央線の阿波座でおりた。地図を見
るとなにわ筋を少し南に行って東に曲がったあたりだ。楽々行きつくと思っていたら一向に
見つからない。何のことはない新なにわ筋となにわ筋を間違えていたのだ。この暑いのに、
一生懸命歩いて汗びっしょりになってしまった。やっと辿り着いたら、「ア・キャトルの向
かい側やんか」車で何度か来た事がある極上のケーキ屋さんだ。この界隈、電車は始めてな
のでドジをした。

細い階段を上がると木造りのしゃれた店だ。
広くはないが寛げる。
行列はなくてぱらぱら埋まっている程度だが、待っている間にもどんどんお客さんが入って
くる。1人の人が多いようだ。1人でわざわざ来るというのは美味しい証拠ではなかろうか。
「坦々麺下さい」と頼んで隣のテーブルを見ると量は少し少ないかもしれない。
「炸醤飯でご飯少しにして下さい」と追加してしまう。ところが+150円で炸醤飯の小が付い
ているのだそうだ。これはお得やんか。

先に炸醤飯がきた。麺にこういう細切り野菜をあえて甘辛いタレをかけて食うのは北京の食
いものだったと思う。これをご飯にして食べるとこれまたおいしい。野菜がうまい。
机の上に真っ赤なタレの壺がおいてあった。辛くておいしそうだ。
試しにこれを炸醤飯にかけて見る。抜群のおいしさだ。
全体がぴりっと引き締まって野菜やご飯のまぜまぜの味がいっそう複雑になって実にうまい。

食ってるあいだに坦々麺が来た。
先日まで食ってた中国の味ではなくて日本の味だ。辛くて味わいが深い。冬瓜が入っている
のがにくい演出やね。暑い時は体を冷やしてくれるので辛くて元気がでるのと冬瓜の冷却作
用がちょうどいいではないか。四川風に花椒がびりっと利いているともっとよかったがそこ
まで言うのは贅沢だ。

日本で食べる中国料理もまたいいものだ。
ネットの情報ってありがたいね。masashiさん、ありがとうございました。

店名 「楽天食堂」
ジャンル ラーメンなど
住所 大阪市西区阿波座1-15-19 2F
電話 06-7171-7427
営業時間 12:00~15:00(L.O.14:30)17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 日曜日・第三月曜日
メニュー 日本語
言語 日本語

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

ありがとうございました。