黄山、三清山の旅-23

NO IMAGE

道教の聖地、三清山
三清山は道教の聖地だという。黄山とは又違った神秘的な奇岩奇峰が連なるの
だろう。
「三清山までは何時間かかる?」、「大体3時間かな?」
「じゃあ、7時出発にしよう」という事で、ホテルの朝食を食べていた。
食べ終わる頃、一人に男が来て、目で人を探している。しばらくすると我々の
ところに来て、「三清山に行くんですか」と聞いてくる。
見たこともない人だ。黄山のガイドは同行しないで、三清山は現地のガイドを
予約している。いったん「違いますよ」と言った。
昨晩のマッサージ屋のトラブルを思い出したからだ。マッサージするときに
「明日は三清山に行く」と口走っているから、「もしかしたら」と一瞬勘ぐった。
しかし、そんな風でもないので、やっぱり迎えの関係かと思いなおし聞いてみた。
今日は運転手が代わるのだという。一応安心して出発だ。
三清山はここから西に200km弱だと思われる。黄山は安徽省だが、三清山は
江西省、少し南に行くと福建省の武夷山に行ける。つまりこういう花崗岩の
巨岩、奇岩、奇峰がつらなる山岳が集まっているあたりなのだ。
江西省の省都、南昌からでも2時間半くらいだそうだ。便利なところにある。
2時間少しで着いてしまった。
運転手とは明日の待ち合わせを約束して、ガイドを待つ。
今日はいい天気だ。だんだんよくなるのかな?明日の夜明けが楽しみだ。
ロープウエーの順番待ちも殆どなくて順調に山上に到着。
普段は慣れない登山が続くので皆足にきている。体があたたまるまでは
ぎくしゃくと歩いている。
「おーすごい」と思わず声を上げる。
やはり黄山よりは奇岩が多い。
コブラだそうだ。

 

 三清の一、東方女神。

P7316631-443.jpg

三清山の山道は、岩壁に張り付いている。

P7316632-444.jpg

この岩で世界ロッククライミング大会が開催されたそうだ。
唯一フランスのクライマーが途中の松のところまで到達したという。

P7316637-449.jpg

おっぱいかな?

P7316639-451.jpg

昼頃にホテルに到着。
ホテルというより山小屋だな。

P7316640-452.jpg