上海ぶらりー12、西塘に行くーその3

NO IMAGE

回廊をぶらりぶらりと抜けて行くと、大きな橋がある。
運河というか疏水を右に見ながら此処まで来たが、ここで、川も道もT字型に分かれている。
突き当ったら水も人も右と左に分かれて行くじゃんくしょんなのだ。
そのためにまず大きな橋にのぼらないといけない。
橋はちょっと高くなっているので、格好の展望台でもある。
上る人、降りる人、立ち止まってピースサインでポーズする人、忙しい。
確かに景色が美しい。
左手を見ると、いかにも川角の料亭といった建物が見える。
実際営業しているようだ。
この建物は前来たときもスケッチしたのではっきり覚えている。
ここに来る人の必ずのスケッチポイントになっているのだ。

xitang120112-1

水墨だけでなく、いろんな画に登場するので、「ああこれか、こんにちは。ごぶさたです」という感じだ。

xitang120112-2

元来た方の眺めも良い味だ。

xitang120112-3

右側の水路も又別の味がある。

xitang120112-4

そこから先、T字の左側は省略して右に曲がる。
すると又左に向かって露地が走り、水路もそちらに向かう。
屋根がないから又感じが変る。

この辺に来ると、簡易宿泊所が目立って来た。

xitang120112-5

こんなん見てたら、「なかなかええやん」と思ってしまうが、そのまま信じたら甘いのだ。
トイレはどやねん?
シャワーはどやねん?
どこで食べる?
虫は来いへんか?

外からベッドが見れるようにしてるところも多い。
人気のスポットになって泊まる人も多いのだろう。

xitang120112-6

「一泊くらいやったらええかな?」と言う気にすらなるではないか。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。